日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 「どんな現場でも、どうやったら楽しいかを考える」―俳優・石原良純さん  > 3ページ
印刷

Gooday 通信

「どんな現場でも、どうやったら楽しいかを考える」―俳優・石原良純さん

~GoodayTalk&Clinic 石原良純流 多忙な人のためのベストコンディションの作り方【後編】

BSジャパン「モーニングプラス」のメーンキャスターを務める榎戸教子さんが、石原さんに質問を投げかけていく。
[画像のクリックで拡大表示]

榎戸さん 「人生を楽しむ。石原さんはその秘訣はどのようなことだと考えていらっしゃいますか?」

石原さん 「楽しむ、というキーワードから思い出すのは、昔刑事ドラマに出ていた頃のことですね。うちの叔父が、西部署とか七曲署とかの課長や係長をやっていた時代です。辛かったですよ、現場。怖い方がいてね、怒鳴られて。撮影現場は怖いものだと思いました。当時は、それぞれのプロが緊張感を持って働いて、それが映像につながったときに輝いていればいいんだと思っていました。でも、ベルリンの壁が1989年に崩壊して、僕も自由に生きよう、と思って刑事を辞めて、叔父のところを出たんですよ」

 「そのときに出演依頼されたのが、ダウンタウンやウッチャンナンチャンがやってた、フジテレビの『夢で逢えたら』という夜の番組です。そこでは打ち合わせで台本を読み、立ち稽古をして、ランスルーといって台本なしで動きます。ところが、いざ本番になると、みんな違うことやるんです。『今までのはなんだったの』っていう話です。セットから落っこちて、スタッフがそれを見てゲラゲラ笑っているんです。『なんだこりゃ』という感じですよ。でもね、こうやって楽しむことを最優先にする現場もあるんだな、物の作り方の新しい感覚なんだなと関心しました」

 今では、俳優、バラエティ、天気予報など、さまざまなジャンルで大活躍中の石原さん。常に心掛けているのが「僕はどうやったら楽しいだろう」と考えることだといいます。

石原さん 「朝早い現場でも寒い現場でも、何か楽しいこと、ここに来た甲斐があったよなぁと思うことを探すと、何か拾えるものがあるんですよ」

川田さん 「なるほど、どんな状況でも、あえて楽しむ。お手本にしたい、ポジティブな選択ですね!」

鈍感力には自信がある。でも、自分のことは自分が見ている

 現場で常に「楽しむ要素」を探すという石原さん。自身のメンタルパワーのもう一つの源は、「鈍感力」だと説明します。

石原さん 「僕はどうやら、人の話を聞いていないんだな(会場爆笑)。いろいろ人から怒られても、まあ、そりゃそうだ、人間だから気にくわないこともある、こうやって悪口も言いたくなるんだろうなぁ、なんて思っているうちに相手の言葉が聞こえなくなるんですね(笑)。あとで冷静に振り返ると『あれは相当怒っていたな』と思うこともありますが……」

榎戸さん 「石原さんはずっとそういう感じだったんですか?」

石原さん 「そうだなぁ、若い頃のあの厳しい現場でも耐えられたのは、鈍感力のおかげかもしれない。でも、人の言葉は聞こえていなくても、誰よりも自分の言葉は聞いているんですよ。自分がしたことは自分が知っている。『天知る地知る俺が知る』っていいますけれど、自分がずるした、サボった、やっちゃいけないことをやった、というのは誰よりも自分が見ているんです。先週も、わかっていたんです。お酒は飲まないほうがいいと思っていたのに、ゆっくりしたほうがいいとわかっているのに、飲んだ結果、急性胃炎になった(笑)。運動もそうで、無理をすると怪我するとわかっている。だから自分の声は聞くようにしたほうがいいです」

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.