日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 「酒はあきらめられない。だから、ラーメンはあきらめた」 ―俳優・石原良純さん  > 3ページ
印刷

Gooday 通信

「酒はあきらめられない。だから、ラーメンはあきらめた」 ―俳優・石原良純さん

~GoodayTalk&Clinic 石原良純流・多忙な人のためのベストコンディションの作り方【前編】

<Talkセッション> 「石原良純流 多忙な人のためのベストコンディションの作り方」〈食事のコントロール編〉

続いて会場には、俳優で気象予報士の石原良純さんが登壇。テレビで拝見するままのエネルギッシュな姿に、会場も「わーっ」と盛り上がります。BSジャパン「モーニングプラス」のメーンキャスターを務める榎戸教子さん、川田さんとともにトークが始まりました。

セミナー後半のTalkセッションには、俳優の石原良純さん、BSジャパン「モーニングプラス」のメーンキャスターを務める榎戸教子さんも加わった。榎戸さんがモデレーターとして、石原さんに素朴な疑問を投げかけていきます。
[画像のクリックで拡大表示]

榎戸さん 「石原さん、はじめてお目にかかりましたが、背が高いんですね!」

石原さん 「はい、父を超えたのは背の高さだけだともっぱらの評判です(笑)。実は一時期、身長181cmを切っていたのですが、ストレッチを続けていたら4mm伸びました!」

榎戸さん 「それはすごいですね。さて、川田先生のお話でも、運動と食事とメンタル、この3つが大切というお話がありました。まず食事のお話から石原さん、なにか心掛けていらっしゃることはありますか?」

石原さん 「朝のワイドショーで『アカデミヨシズミ』というコーナーを担当していて、3年間病院をまわって豆知識を仕入れてきましたから、川田先生を前にしてあれなんですけど、けっこう科学的ですよ! たとえば、ベジファースト。でも先生、あれ、本当にいいんですか?」

川田さん 「はい、実際に血液検査を行うと、血糖値の上昇が緩やかになります」

「食事は2割残す」で食べ過ぎを予防する

石原さん 「糖質オフも話題ですよね。でも僕はそれ、無理です。なんといっても好物が日本酒とフルーツ。糖質の親分みたいなもんですからね!(会場笑い)だから糖質オフはできない。じゃあどうするか、ということで実践しているのが『2割残す』というやり方です。たとえすごく美味しくても、2割は残すと決めるんです」

「僕は『2割残す』というやり方を実践しています。たとえすごく美味しくても、2割は残すと決めるんです」(石原さん)。「それはとてもいいことですね。本人が『腹八分でおさえた』と思って胃を造影してみると、意外とお腹の中は満タンであることが多いんです」(川田さん)
[画像のクリックで拡大表示]

榎戸さん 「先生、石原さんのこの方法、いかがでしょうか」

川田さん 「とてもいいことだと思いますよ。腹八分目、というけれど、実際に本人が『腹八分でおさえた』と思って胃を造影してみると、意外とお腹の中は満タンであることが多いんです(会場どよめき)。満腹感は遅れてやってきますから、なかなか自分の感覚で腹八分におさめるのは難しいんですよ」

 自分の感覚よりも見た目で判断して食事量をコントロールする、という石原さんのやり方は、正解だったようです。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.