日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 不調を撃退! 男性ホルモンが出る生活を送ろう  > 3ページ

Gooday 通信

不調を撃退! 男性ホルモンが出る生活を送ろう

食事、飲酒、運動などの習慣を見直す

 日経Gooday編集部

ロカボするなら昼に! 朝はしっかり食べる

糖質制限のやり過ぎはNG! 適度な飲酒はオススメ

 男性ホルモンの低下には、加齢以外にも、生活習慣が関係しています。例えば、炭水化物の制限のやり過ぎには要注意。「炭水化物に含まれる糖質を、過剰に摂取すると体脂肪が増えて、肥満の原因になることはよく知られています。しかし糖質の摂取が少ないと男性ホルモンを減らしてしまい、運動しても効果が減ってしまうことが分かっています」(堀江さん)。

 読者アンケートの結果を見てみましょう。

炭水化物の制限と体の不調の関係
炭水化物を「極力食べない」人で、「うつじゃないかと思う時がある」「ED、朝立ちがない」「イライラすることがある」「集中力が続かない」と答えた人の割合が多いという結果が出た。
[画像のクリックで拡大表示]

 男性ホルモンを増やすとともに体重を絞る、という両面を狙うのであれば、朝食時には炭水化物をとったほうがいいでしょう。朝はインスリンが出やすいので糖質が素早くエネルギーとして使われるからです。「炭水化物を減らすなら昼がお勧めです」(堀江さん)。また、「蕎麦」は健康にいいイメージがありますが、実は血糖値を上げやすい。しょうが焼き定食のようにたんぱく質もしっかりとれるメニューがお勧めです。

飲み過ぎなければ飲酒はむしろお勧め

 仕事が終わった後の夜の時間といえば、息抜きや社交のための「飲酒」。お酒は男性ホルモンとはどう関係しているのでしょうか。

 「お酒の飲み過ぎは良いことがありません。しかし、実は適度な飲酒は男性ホルモンを高める手助けをしてくれます。お酒を飲むとアルコールデヒドロゲナーゼという酵素が活性化し、この酵素が活性酸素を除去して酸化ストレスを軽減します。酸化ストレスは細胞レベル、DNAを傷つけて老化の一因になり、それによってテストステロンも出にくくなるのです」(堀江さん)

飲酒量と体の不調の関係
飲酒量が多い人は「集中力が続かない」「関節や筋肉が痛い」という不調を訴えている割合が大きい。逆に、飲酒量の少ない人は「尿の出方が弱い」「イライラすることがある」と答えた人が多かった。
[画像のクリックで拡大表示]

 飲酒はリラックス効果が期待できます。飲酒量が「1合未満」の人よりも「3合以上」の人のほうが「イライラすることがある」という答えが少ないのはそのためかもしれません。

 「お酒を飲まない人は、ほかに何らかのリラクゼーションやストレス解消の手段があるといいですね。他人とコミュニケーションを取ったり、喜怒哀楽の感情を表に出したりすること、とくに笑うことが男性ホルモンにとっては効果的です」(堀江さん)。

 男性ホルモンは、「社交性のホルモン」とも呼ばれています。共通の趣味の人と会ったり、飲み会やランチでも人と話すことが、男性ホルモンに良い影響を与えるのです。「大事なのは、社会とのつながりを保つことです。家族や仲間、他人とのつながりを大切にして、人生を積極的に楽しむようにしていくと、いつまでも元気に生活していくことができます」(堀江さん)

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.