日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 「酒好き医師」の著者が教える、女性の最高の飲み方とは?  > 4ページ目
印刷

Gooday 通信

「酒好き医師」の著者が教える、女性の最高の飲み方とは?

【WOMAN EXPO TOKYO 2019 Winter】最新研究から分かった体にいい飲み方

 伊藤和弘=ライター

糖質のとり過ぎは肥満だけでなく「老化」も招く

 糖質のとリ過ぎは肥満や脂質異常症のリスクを高くすることに加え、老化を進めることも分かっている。「糖化」といって、とり過ぎた糖が体内のたんぱく質と結びついて、たんぱく質を変性させてしまうのだ。

 「肌や髪もたんぱく質でできています。糖化によってお肌の弾力がなくなり、シワができてしまうんです。つまり、肌の見た目に影響します。さらに、血管や内臓などの機能も低下させ、さまざまな病気の原因になることも最近の研究から分かってきました」と葉石さんは注意する。また、この怖い糖化は、糖質のとリ過ぎだけでなく、お酒の飲み過ぎでも進行することが明らかになっている。

 一方、同志社大学糖化ストレス研究センターによる研究から、日本酒に糖化を抑える作用があることも分かった。たんぱく質が糖化するとAGEs(糖化最終生成物)という老化を促進する物質が作られるが、日本酒はこのAGEsの生成を抑える作用があるという(Glycative Stress Res. 2017;4;80-6.)。ただし、飲み過ぎると逆に糖化が進んでしまうので注意したい。

 また、日本酒は白ワインの10倍ものアミノ酸を含んでおり、保湿効果が高い。「古くなった日本酒を2合くらいお風呂に入れるととても体が温まりますし、アミノ酸の効果でお肌がしっとりします」と葉石さん。

葉石さんが必ず常備する「三種の神器」とは?

 「最後に、いつも私がお酒を飲むときに持ち歩いている三種の神器を紹介したいと思います」(葉石さん)

 まず、飲む前には漢方薬の「五苓散」。体内の水分の分布を調整し、翌日ののどの渇きやむくみを防いでくれる。飲んでいるときは「飲む人のためのよいとき」(キユーピー)というサプリメント。アルコールを酢に換える酢酸菌の酵素が配合されており、体内でのアルコールの分解を助ける。飲んだ後は「青粒」(株式会社青粒)。モロヘイヤ100%で、葉石さんによると「お酒を飲むとお腹がゆるくなる人にお勧め」だという。

         ◇          ◇        ◇

 お酒を飲むことは人生の大きな楽しみ。しかし大量に飲めば病気(や事故)のリスクは高くなる。基本的に「体にいいものではない」ことも近年の研究から明らかになりつつある。特に女性は男性以上にお酒のリスクが高くなる。飲み過ぎにはくれぐれも注意しつつ、いつまでも楽しくお酒を飲んで豊かな人生を送りたいものだ。

(撮影:稲垣純也/図版:増田真一)

葉石かおり(はいし かおり)さん
エッセイスト・酒ジャーナリスト、一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション理事長
葉石かおり(はいし かおり) 1966年東京都生まれ。日本大学文理学部独文学科卒業。ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経て現職に。全国の日本酒蔵、本格焼酎・泡盛蔵を巡り、各メディアにコラム、コメントを寄せる。「酒と料理のペアリング」を核に、講演、セミナー活動、酒肴のレシピ提案を行う。2015年に一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを設立。国内外にて世界に通用する酒のプロ、サケ・エキスパートの育成に励み、各地で日本酒イベントをプロデュースする。2017年に発売した『酒好き医師が教える 最高の飲み方』(日経BP)がベストセラーに。2019年11月、第2弾の『酒好き医師が教える もっと!最高の飲み方』(同)を出版した。

先頭へ

前へ

4/4 page

飲酒
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.