日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 「酒好き医師」の著者が教える、女性の最高の飲み方とは?  > 3ページ目
印刷

Gooday 通信

「酒好き医師」の著者が教える、女性の最高の飲み方とは?

【WOMAN EXPO TOKYO 2019 Winter】最新研究から分かった体にいい飲み方

 伊藤和弘=ライター

女性が特にお酒に注意すべき3つのフェーズとは?

 女性は特にお酒に注意しなければいけない時期がある。「生理中」「妊娠中」「更年期」だ。

女性が飲酒で気をつけるべき3つの時期
生理生理前PMS(月経前症候群)の不調から逃れるためにアルコールに頼るのは避ける
生理中アルコールが生理中の症状を助長。酒量は控えめに
妊娠妊娠中の飲酒は厳禁。赤ちゃんに障害を与える可能性も
更年期精神的な不調から逃れるためにお酒に頼るのは危険。代謝の減少で太りやすいため、糖質の少ないお酒を選ぶ

 「私にも覚えがあるのですが、PMS(月経前症候群)の不調から逃れようとお酒を飲むと、むしろイライラが強くなります。アルコールで血行が良くなると経血の量が増えるリスクもありますし、頭痛や吐き気など生理中の症状も助長されやすいので、酒量は控えめにしてください」(葉石さん)

 わざわざ言うまでもなく、妊娠中の「禁酒」(それに禁煙)は常識だろう。お酒を飲むと胎児に悪影響をもたらす可能性がある。

 もう1つは更年期だ。心身の不調から逃れるためにお酒に頼るのは危険だし、代謝が悪くなって太りやすくなっている。

 「私は更年期で、一時期8kg太って、1年間かけて戻しました(笑)。太らないように糖質の少ないお酒を選び、おつまみの糖質にも注意しましょう」(葉石さん)

 緩やかな糖質制限「ロカボ」を提唱している北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長の山田悟医師は、最近クローズアップされている食後高血糖を防ぐためにも、1日当たりの糖質量を70~130g以内(間食10gを含む)に抑えることを推奨している。

糖質が少ないお酒はどれ?

 では、日ごろ楽しんでいる各お酒には、どのくらい糖質が含まれているのだろうか。

主なお酒に含まれる糖質量(100g当たり)
※糖質量は「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」に掲載されている炭水化物から食物繊維を除いて算出

 このグラフにあるように、女性に人気の甘いお酒、例えば梅酒などは驚くほど糖質が多い。一方、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒はほとんど糖質が入っていない。日本酒やビールなどの醸造酒は糖質を含むが、その中ではワインは少ない。つまり、ハイボール(ウイスキーのソーダ割り)やワインは「糖質が少ないお酒」だ。

 お酒だけでなく、お酒を飲むときに食べる「おつまみ」の糖質にも注意したい。糖質が少なく、たんぱく質が多いものがいい。居酒屋などで、最初からポテトサラダを頼む人もいるが、サラダといいながらも糖質が多いのでNG。枝豆、唐揚げ、豆腐(冷ややっこ)、焼鳥(塩)、刺身、カルパッチョなど糖質が少ないメニューを選ぼう。

 葉石さんは「私は食品の糖質の量を計算してくれる『糖質カウンター』というアプリをスマホに入れて注意しています」と話す。なお、焼きそば、焼きおにぎり、ピザなど、糖質が多いおつまみを食べたい場合は、最後にするのがお勧めだという。

 葉石さんがお勧めの豆腐レシピも紹介してくれた。「冷ややっこに岩塩とオリーブオイルをかけるとおいしくて、あらゆるお酒に合います。オイルを使ったおつまみを食べると、胃でのお酒の滞留時間が長くなり、(アルコールが主に吸収される)小腸に行く時間を遅らせてくれるので、アルコールの吸収が緩やかになります」(葉石さん)

 また、お酒が好きな人は中性脂肪の数値が高くなりやすい。アルコール自体に中性脂肪を上げる作用があるが、糖質のとり過ぎも中性脂肪を上昇させる大きな要因になるので、一緒に食べるおつまみの糖質には気をつけたほうがいい。

飲酒
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.