日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 「酒好き医師」の著者が教える、女性の最高の飲み方とは?
印刷

Gooday 通信

「酒好き医師」の著者が教える、女性の最高の飲み方とは?

【WOMAN EXPO TOKYO 2019 Winter】最新研究から分かった体にいい飲み方

 伊藤和弘=ライター

 2019年11月30日、「WOMAN EXPO TOKYO 2019 Winter」(主催:日本経済新聞社/日経BP)が開催された。講演の中から、Goodayの人気連載「左党の一分」でおなじみの酒ジャーナリスト・葉石かおりさんによる講演の内容をお届けしよう。
 葉石さんは、医師などの専門家に取材した新著『酒好き医師が教える もっと!最高の飲み方』(日経BP)を刊行したばかり。新著の内容を中心に、「女性」に知っておいてもらいたい「お酒と健康の最新情報」を語った。セミナールームは満席となり熱気あふれる時間となった。

「WOMAN EXPO TOKYO 2019 Winter」で講演するエッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。Goodayでは毎月、人気連載「左党の一分」を執筆している。今回の演題は「酒好き医師が教える『女性の』最高の飲み方」。
「WOMAN EXPO TOKYO 2019 Winter」で講演するエッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。Goodayでは毎月、人気連載「左党の一分」を執筆している。今回の演題は「酒好き医師が教える『女性の』最高の飲み方」。

健康のためにベストの飲酒量は?

 最近はお酒を楽しむ女性が増えてきた。「毎日欠かさず飲んでいる」という女性も決して珍しくはない。そんな酒好きなら誰もが気になるのが、健康への影響だろう。飲み過ぎが体に悪いのは当然だが、どの程度なら心配ないのだろう?

ベストセラーの第2弾が登場!
ベストセラーの第2弾が登場!
ベストセラー『酒好き医師が教える 最高の飲み方』(日経BP)の第2弾、『酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方』(日経BP、葉石かおり著、浅部伸一監修)が11月に発売になった。

 厚生労働省の「健康日本21」では、「適度な飲酒」は純アルコール量にして1日平均20gとしている。日本酒で1合、ビールで中ジョッキ1杯(500mL)、ワインで2~3杯程度の量だ。

 だが、人のアルコールの分解能力は、個人差、そして性別による違いがある。「女性の場合は男性よりも体が小さく、アルコールの分解速度が遅いので、よりお酒の影響を受けやすい。そのため、半分の1日10g以下がいいとされているんです。悲しいですね(笑)」(葉石さん)。アルコール10gといえば、日本酒で90mL、ビールで250mL、ワインならグラス1杯程度しかない。

 日本には「酒は百薬の長」という言葉があり、医学的にも「少量なら健康にいい」と長いこと信じられてきた。実際、そう思っている人も少なくないだろう。ところが、「最近、ショックな論文が発表されました」と葉石さんは話す。

 近年は、アルコールの健康への悪影響が世界的に指摘されるようになっている。そんな中、2018年8月、世界的権威がある医学雑誌「Lancet」に「お酒は飲まないのが一番」という論文が発表されたのだ。

 同論文では、195の国と地域で23の病気のリスクと飲酒量を詳細に検証した結果、「健康への悪影響を最小化するなら飲酒量はゼロがいい」と結論づけている。もちろん、酒量が増えればそれに比例して病気になるリスクも高くなっていく(Lancet. 2018; 392:1015-35.)。

アルコール消費量とアルコール関連疾患のリスクの関係
アルコール消費量とアルコール関連疾患のリスクの関係
縦軸は相対リスク。横軸はアルコールの消費量。1単位は純アルコール換算で10g。(Lancet. 2018;392:1015-35.を基に編集部で作成)

 つまり、わずかな量であってもお酒は毒ということ。とはいえ、お酒は人生の楽しみであり、ストレスの解消にも役立つ。ただちにお酒をやめるべきとは言わないが、「基本的に体に悪い」ことを踏まえ、くれぐれも飲み過ぎには注意しよう。

1/4 page

最後へ

次へ

飲酒
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.