日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 健康習慣を長続きさせる秘訣は「腹八分目」  > 2ページ目
印刷

Gooday 通信

健康習慣を長続きさせる秘訣は「腹八分目」

日経Gooday オープン記念Talk Liveリポート

「朝の起床後と夜の就寝前に必ずストレッチをしています」
[画像のクリックで拡大表示]

真鍋 「『1日3食はきっちりとり、夜は炭水化物を少なめに』と指導しています。忙しい生活を送っている人は、どうしても夜遅く食べて1~2時間後には寝るといった生活になりがちです。夜は活動量が少なく、どうしても体が“蓄えモード”になってしまうので、夜は軽めにして、朝と昼はしっかり食べる。私自身は、たんぱく質や野菜も欠かさず取るよう意識しています」

草野 「カロリーや量など、日本人はどうしても数字に几帳面になりすぎなところがありますね。私は、食べ過ぎた日の翌日は軽くするといったちょっと緩めのコントロールを実践して、『1週間単位で調整できればよし』としています。健康習慣を長続きさせるうえでは、あまりストイックにならないことも大切だと思います」

「毎朝、“素っ裸”で体重計に乗っています」(草野)

草野さんと真鍋さんの興味深いトークに、参加者の方々も思わす笑み
[画像のクリックで拡大表示]

 年齢とともに体形の変化は誰でも気になるものだが、特に中高年以降は代謝の低下とともに、体重を減らすこともだんだんと難しくなってくるもの。そんな悩みを簡単に解決する方法や気になる運動習慣について語り始めると、トークもますますヒートアップ。

草野 「じつは毎朝、“素っ裸”で体重計に乗る習慣を続けています(笑)。こうした習慣によって朝の体重の増減が、前日食べた食事との因果関係として見えてくる。必ず思い当たるフシがあるのです。そうやって、食べたもの、活動量などを思い出しながら、その日1日の食事を調整するきっかけにしています」

真鍋 「私は、鏡の前に立って全身を映し、お腹やお尻などを見て、たるんでいないかな、とチェックすることが習慣です。自分の体と向き合うことは、健康意識を継続する上でとても大切なことだと思います」

「ランニングの指導は、正しいウォーキングの習得から始めます」(真鍋)

米田 「草野さん、真鍋さんともに、運動について心がけていることは?」

草野 「私は毎日、軽いダンベルで体操を8種、エアロバイクを40分、そして最後にストレッチという運動を習慣にしています。忙しい日は10分でも、20分でもやるようにしています。こうしたおかげか、体組成計で表示される体年齢は、だいたい53、54歳をキープしています!」

(会場からどよめき)

米田 「それは、スゴイ! では、真鍋さんはいかがですか?」

真鍋 「私は、生徒さんにランニングをお教えしていることもあって、ほぼ毎日運動はしています。それ以外は、朝の起床後と夜の就寝前に必ずストレッチ。ストレッチは実業団でランナーをしていたときから続けています。もともと私は体が硬かったのですが、ストレッチのおかげでちゃんと柔らかくなるんですよ。今は故障しにくい体になったことを実感しています」

草野 「もう一つ、健康維持のためにぜひご提案したいのが、ウォーキングですね。いきなりランニングを始めると、ついがんばり過ぎてひざや足首を痛める人が多いようです」

真鍋 「私も、ランニング指導をするときには、まずウォーキングから始めてもらいます。歩くことに慣れてきたら、その流れで走ってもらうようにしていきます」

米田 「真鍋さん、正しいウォーキングのコツを教えて頂けませんか?」

真鍋 「1つ目は、お腹の意識。立ったときにお腹をへこませて背すじを伸ばします。自分が操り人形になって、頭のてっぺんからヒモで引っ張られているような感覚を意識すると、自然ときれいな姿勢になります。2つ目は、足元の意識。立ったときに足元を見たときに、つま先が大きく外側、あるいは内側に向いている人は、ひざに負担がかかりやすく、痛みの原因になります。そして最後が、腕の意識。歩くときはやや大きく、腕を前後に振りましょう」

自らのエピソードも交えながらのトークに、会場も盛り上がる
[画像のクリックで拡大表示]
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.