日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 健康習慣を長続きさせる秘訣は「腹八分目」
印刷

Gooday 通信

健康習慣を長続きさせる秘訣は「腹八分目」

日経Gooday オープン記念Talk Liveリポート

去る11月14日、日経本社で行われた「日経Gooday オープン記念Talk Live」。日経Goodayで人気の連載『草野仁の苔ない男』でおなじみのキャスター草野仁さん、編集部員の挑戦企画『走り亀~ヘタレランナー フルマラソンへの道~』のコーチ役を務めるランニングアドバイザーの真鍋未央さんの2人を迎えて、笑いにあふれる健康トークが繰り広げられました。当日の模様の一部を読者のみなさんにお届けします。

体にいいことを実践できるコンテンツがいっぱい

編集長の米田勝一が、日経Goodayのコンセプトを紹介
[画像のクリックで拡大表示]

 「カラダにいいこと、毎日プラス」をコンセプトに、今年10月10日にオープンした日経Gooday。まずは編集長の米田勝一が、冒頭のあいさつを兼ねて 日経Goodayのコンセプトを説明。「(1)知って納得、(2)気軽にできる、(3)やって楽しい、を意識しながらコンテンツ作りに取り組んでいます。健康寿命の延伸が国家的な課題となるなか、日経グループをあげて、皆さんの健康をサポートしていきます」(米田)。

 「ゴルフやマラソン、水泳、サイクリングなどに編集部員自らが挑戦する企画のほか、簡単にできるエクササイズやストレッチなどの実践的なメソッド、低カロリーなレシピ、カラダの仕組みに関するトリビア的なコラムなど、体にいいコンテンツを日々更新しています。『家庭の医学』『病院で受ける検査事典』『サプリメント事典』といった検索・辞書機能も合わせて、皆さんの健康習慣づくりに役立ててください」と続けた。

「ロケ弁のご飯を半分残すようにしました」(草野)

イベントの目玉、草野仁さんと真鍋未央さんをゲストに招いての「Talk Live」がスタート
[画像のクリックで拡大表示]

 第2部のトークライブでは、会場のみなさんがお待ちかねのゲスト2名が登場! キャスターの草野仁さん、ランニングアドバイザーの真鍋未央さんが日ごろから実践している健康習慣を熱く語ってくれた。

米田 「今年で70歳になられた草野さんは、驚異の若々しさを保っていらっしゃいますが、ご自身の健康のために意識されていることはなんでしょうか?」

「1年間で体重が6-7キロ減りました」
[画像のクリックで拡大表示]

草野 「まず、第一に気を付けているのは食生活です。豊かな社会の中に生きる私たちは、どうしても摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまいやすく、内臓脂肪が増えやすいからです」

米田 「普段の食事ではどんなことに気を遣われているのですか?」

草野 「ごはんや麺、パン類といった炭水化物、つまり糖質を少し減らすように心掛けています。たとえば仕事場で食べるロケ弁は、食べる前に半分仕切りをし、半分残す、という“ちょい残し”をするようにしました。他のおかず類はきっちりと食べられるので、我慢するというような意識はなく、スムーズになじむことができましたよ。これだけのことで1年間でおよそ6~7キロも体重が減って、少し多めだった内臓脂肪も正常値に戻りました」

米田 「すごい効果ですね!驚きました。真鍋さんはランニングコーチでいらっしゃいますが、食生活に関しては生徒さんにはどのようにアドバイスをされていますか?」

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.