日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 寒い冬 サッと寝入ってパッチリ目覚めるためのワザ
印刷

Gooday 通信

寒い冬 サッと寝入ってパッチリ目覚めるためのワザ

夜の入浴と朝の光ですっきり快眠、帰宅電車での居眠りと晩酌に要注意

 稲川哲浩=日経Gooday

 寒さが厳しくなってくると、暗くて底冷えのする朝はなかなか布団から出られませんよね。夜も体が冷えきっていたりすると寝付きが悪く、快適な睡眠を得るのがなかなか難しい季節です。

 そこで今回は、寒い冬の快眠に役立つ記事をピックアップ。紹介されているノウハウを基に、快眠を得るための生活習慣をまとめてみました。

就寝1時間前までの入浴で、寒い冬でもスッキリ快眠

寝る前のお風呂は寝つきと睡眠の質を良くしてくれる。(©Anatoly Maslennikov/123RF.com)

そもそも、寒いと寝付きが悪くなるのはなぜでしょうか? 足利工業大学睡眠科学センターの小林敏孝教授によると、「眠るときは本来、体をリラックスさせる副交感神経が優位になりますが、寒いと逆に体を緊張させる交感神経が高ぶるため、寝つきが悪くなります」とのこと。そこで、小林教授が冬の快眠対策として一番に薦めるのが「入浴」です。

“ぐっすり効果”を得る入浴法には、それなりのコツがあります。それは、湯船への浸かり方と、入浴のタイミング。さて、就寝のどれくらい前に入っておけばいいのでしょうか?

睡眠不足でも、帰りの電車で寝るのはご法度!

入浴に加えて気をつけたいのは、仕事からの帰りの電車での過ごし方です。1日の疲れがたまっているので、座席が取れるとついウトウトしがち。しかし、この至福のお眠りタイムが帰宅後の睡眠の質を悪化させかねないことをご存知でしょうか?

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部の三島和夫部長が、帰りの電車での仮眠がNGである理由を、わかりやすく説明してくれます。

意外? ブルーライトを浴びれば目覚めスッキリ

冬場の朝の起床がつらい方にぜひ活用してほしいのが、体内時計の周期を整える効果がある「青色光(ブルーライト)」。ブルーライトは可視光線の中で最も波長が短く、日光に多く含まれています。でも、ブルーライトを活用するといっても、どうすれば??? 杏林大学医学部精神神経科の古賀良彦教授が、家庭で簡単にできる具体的な対策をアドバイスします。

怖い「寝酒」。入眠効果は一時的で、うつのリスクも

寝酒は中途覚醒を招き、睡眠の質を落としてしまう。(©lacamerachiara-123rf)

なかなか寝付けないとき、「寝酒」をあおるという人は多いのではないでしょうか。たしかに、酔いの助けを借りれば、寝入りは良くなり、深く眠れる気がしませんか?

でも、ちょっと待ってください。睡眠とアルコールとの関係に詳しい「新橋スリープ・メンタルクリニック」(東京都港区)の佐藤幹院長は、「アルコールは、睡眠全体で考えるとその質を低下させてしまいます。また、誘眠作用も一時的で、習慣化すると様々なリスクを抱えることになります」と注意を促します。寝酒が体に悪影響を与えるメカニズムを、佐藤院長がわかりやすく解説します。

 冬の快眠に役立つ実践的なノウハウの数々。サッと寝入ってパッチリ目覚めるために、ぜひご活用ください。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.