日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > Gooday 通信  > 忘年会シーズン! 二日酔い対策完全マニュアル
印刷

Gooday 通信

忘年会シーズン! 二日酔い対策完全マニュアル

今年こそ「お酒でつらい思いはしたくない」という皆さまへ

 池田 悟=日経Gooday

 今年も「忘年会」シーズンを迎えます。忘れたいことがたくさんある方も、そうでない方も、酒豪の方も、お酒があまり得意でない方も…まぁ、結局は飲むことになるのです。例年通りに。

今年の年末は忘年会続きのハードな日程も予想される。ぜひ、万全の対策で臨みたいもの。(©TAGSTOCK2/ PIXTA)
今年の年末は忘年会続きのハードな日程も予想される。ぜひ、万全の対策で臨みたいもの。(©TAGSTOCK2/ PIXTA)

 そして、少なからずの方が、二日酔いや記憶喪失、嘔吐などに代表される失敗を犯すのです。これもやはり、例年通りに。

 そこで今回は、読者のみなさまへのプレゼント(兼、自分への戒め)として、専門医やアルコールと体の関係に詳しい専門家たちから取材した記事を選りすぐり、「二日酔い対策完全マニュアル」としてまとめました。

 これで、今年の忘年会対策は万全です! 編集部一同、皆様の忘年会が、忘れたくなるような思い出にならないよう、切に願っております。

酔わない飲み方、7つのウソ・ホント

「空きっ腹で飲むと酔う?」「水を飲みながらお酒を飲めば悪酔いしにくい」など、巷間語られる、酔わない飲み方、二日酔いにならない飲み方が、ウソかホントかを取材を基に整理してみました。これで今年の忘年会は失態なし?

二日酔いの朝、どうすれば楽になる?

宴会の翌朝に起こる「二日酔い」について、症状軽減という観点から、世の中で知られる対処法の効果の真偽についてまとめています。

医師880人に聞く、二日酔い対策の決定版とは?

体のメカニズムに詳しい医師たちが、飲み会前に実際にどんな対策を講じているか、二日酔いになったらどう対処しているかを紹介。医師879人への独自調査の結果、意外な方法が明らかに…。

「おつまみに納豆」が酒から体を守る! 肝臓の専門医が薦める二日酔い対策

二日酔いにならない大前提は、飲み過ぎないこと。頭では理解していても、酔いも手伝ってか、「つい忘れてしまう」という方は多いはず。そこで、飲んでいる最中に気を付けたいのがおつまみの選び方。肝臓の専門医に、二日酔いを防ぐ効果が期待される注文方法などを聞きました。

忘年会のときに限って、気分が悪くなったり、前夜の記憶を無くしていたり…。それらの上手な対処法もある。(©HOJIRO ISHIHARA-123rf)
忘年会のときに限って、気分が悪くなったり、前夜の記憶を無くしていたり…。それらの上手な対処法もある。(©HOJIRO ISHIHARA-123rf)

酔って気分が悪くなると、吐きたくなるのはなぜ?

酒席の最中、そしてその後に最も避けたいことの代表が「嘔吐」。せっかく飲んだ酒を「絶対に戻すまい」と堪える猛者もいたり、人によっては「醜態をさらしたくない」と我慢したりすることもあるかもしれないが、これは体にとっては良くないそうです。いざというときの対策も含めてご紹介します。

どうして酔っ払いは同じ話を繰り返すのか?

酔っ払いの行動は滑稽で突飛(とっぴ)だ。笑い上戸に泣き上戸…、怒りだしたり、奇怪な言動をしたり。もちろん、その原因は、アルコールが脳に作用するため。「どうやって家までたどり着いたのか…」「昨晩、お金払ったっけ?」といったご経験がある方は、ぜひご一読を。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.