日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > Gooday 通信  > コーヒー、牛乳、油…結局、カラダに良い?悪い?
印刷

Gooday 通信

コーヒー、牛乳、油…結局、カラダに良い?悪い?

様々な情報入り乱れる健康ネタの“本当のところ”を解説

 コーヒー、牛乳、油、チョコレート…、これらに共通するのは、「カラダに悪いので控えたほうがいい」といわれることもあれば、逆に「カラダに良いので、積極的にとるべき」などといわれることもあること。一体どの情報を信じればいいのか分からない、と頭を悩ませている方も多いだろう。そんな気になる健康ネタの最新事情や“本当のところ”を解説した記事を紹介する。

コーヒーは結局、カラダに良い? 悪い?

 不眠になる、発がん性がある──といった悪い噂から、コーヒーを控えている人は多いかもしれないが、真相はどうなのだろう。この気になるテーマについて、米国ボストン在住の医学博士、大西睦子氏が、分かりやすく解説しているのがこちらの記事。
・毎日飲む、コーヒーの量の上限は?
・どうして科学者たちの間で意見が対立するの?
・妊娠中のコーヒーやカフェインのリスクに関する最新の研究結果は?
・高血圧や糖尿病の人は、コーヒーやカフェインの摂取量を減らすべき?
・ペーパーフィルターでコーヒーを淹れるとヘルシー?
など、気になる疑問ごとに、最新情報や具体的にどう行動すればいいかを解説している

牛乳は身体に良いのか悪いのか?

 1日に必要なカルシウムの摂取量は、成人男性で650~800mg、成人女性で600~650mgといわれており、コップ1杯(200ml)あたり227mgのカルシウムを含む牛乳は大切なカルシウム源の一つだ。

 だが最近は、がんとの関係から「牛乳を飲み過ぎると問題だ」という議論もある。その理由や、カギを握る「インスリン様成長因子1」の存在、米国の消費者が「rBGHフリーと表示された牛乳」を選んでいる理由、1日に飲んでいい牛乳の量などをまとめたのがこちらの記事。

 ちなみに、記事の中で紹介している1日の牛乳量の適量は1~2杯だ。

炭酸水は身体に良い? 悪い? 5つの疑問に答える

 最近愛飲者が増えている炭酸水について、飲料水の代わりになるのかを徹底検証した記事がこちら。炭酸水には次のような5つの疑問が付いて回るが、その一つひとつについて簡潔に説明している。
・炭酸水は水と同じように水分補給ができる?
・炭酸水は骨密度を減らす?
・胃を刺激する?
・塩分が多い?
・炭酸水は歯のエナメル質を溶かす?
 ちなみに炭酸水が胃を刺激するのは本当で、過敏性腸症候群の人や胃潰瘍のある人は炭酸水を制限するか避けた方が良いそう。

チョコレートは罪な快楽? それとも健康食品?

 ダークチョコレートやココアは、最近はそのおいしさだけでなく、高血圧や心血管疾患、認知症の予防効果といった健康面からの注目が高まっているが、実際はどうなのか。

 この記事では、カカオ製品の食べ過ぎによる糖分やカロリーの過剰摂取は、カカオのプラスの効果を打ち消すほどの体重増加や血糖値の上昇を招くともしており、製品の選び方や摂取量に注意を促している。

「オメガ3系脂肪酸」が“いい油”No.1といわれる理由

 とりすぎると「太る」という印象がある油。だが、不飽和脂肪酸はエネルギーや細胞膜の材料として使われるので、体の中にはたまりにくく、その中でも、魚、亜麻仁油、エゴマ油などに含まれるオメガ3系脂肪酸は「体にいい油」といわれている。

 この記事では、オメガ3系脂肪酸がどう体にいいかや、効率よくとるコツについて紹介。あるものをとり過ぎると、オメガ3系が十分に代謝されないため、そのとり過ぎは避けるべきといったことにも触れているが、さてその「あるもの」とは? ヒントは「スナック菓子に多く含まれているもの」で、答えはこちら

トランス脂肪酸、若い女性ご注意!!

 オメガ3系脂肪酸のように積極的な摂取が推奨されている油もあれば、「カラダに悪いため避けるべし」といわれている油もある。後者の代表が「トランス脂肪酸」で、これをとり過ぎると、悪玉コレステロールが増える一方で善玉コレステロールが減り、動脈硬化につながるといわれている。

 トランス脂肪酸が含まれる食品の代表例が、マーガリンやショートニングと、それらを使う菓子パンやピザ、ケーキなど。日本人全体でみるとトランス脂肪酸の摂取量は多くないが、若い女性は、フライドポテトや菓子パンを食べる機会が多いせいかWHOの基準を超えている人が比較的多いというので注意が必要だ。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.