日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 三浦豪太さん「三浦家のカラダ哲学は『できない理由より、できる理由を考えよ』」  > 3ページ目

Gooday 通信

三浦豪太さん「三浦家のカラダ哲学は『できない理由より、できる理由を考えよ』」

父・雄一郎のエベレスト挑戦に学ぶ Gooday流アンチエイジングセミナー【前編】 

 「エベレストの登頂率はおよそ3分の1。現役バリバリの登山家たちがこれまでの集大成として、死にもの狂いで挑んでも、たった3分の1しか頂上に行けない。しかも、100人に1人は命を落とす山なんです」と豪太さん。

 見事に75歳でエベレスト登頂を成功させると、すぐさま80歳のときにも挑むことを父は宣言。するとまた試練が雄一郎さんを直撃しました。76歳のときにスキー中の落下事故で、骨盤の4カ所を骨折。会場には真っ二つに折れた骨盤の画像が映し出されます。「担当医は『この年齢でこれほどひどい骨折をしたら、エベレストに登るどころか、歩けるまで回復すればラッキーです』と宣告したのです。この重大な事実を父に伝えようと病室に行くと、なんと父は看護師さんと談笑している。そして僕に向かって言ったのです」(豪太さん)。

 「おう、豪太。ここは最高だ! エベレストみたいに寒くないし、空気もたっぷりある。なにより美人の看護師さんがわしの体を拭いてくれるんだからな!」

 その後、父・雄一郎さんは安静治療を経て、母のお手製の鮭の頭の煮物を毎日食べ、過酷なリハビリに励み、見事、80歳での登頂を達成したというエピソードが紹介されました。

人は、一生涯アクティブに過ごすことができる

 会場で紹介された様々なエピソードを通じて、豪太さんは世に言う「健康法」には2つの側面があると言います。

「健康法には、『守り』と『攻め』がある。父親が実践してきた『攻め』の健康法は、我が家の家訓でもある『できない理由より、できる理由を考えよ』を、自らか示したのだと思うのです」(豪太さん)
「健康法には、『守り』と『攻め』がある。父親が実践してきた『攻め』の健康法は、我が家の家訓でもある『できない理由より、できる理由を考えよ』を、自らか示したのだと思うのです」(豪太さん)

 「健康法には、『守り』と『攻め』がある。前者は、普段この程度の運動をしておけば、病気を遠ざけられるというもの。もちろんこれはとても大切なことです。しかし、父親が実践してきた『攻め』の健康法は、エベレストに絶対に登るとの目標を定めて、そのために必要な筋力を逆算して作り上げてきたものです。体の筋力は70歳よりも80歳のときのほうが強く、背筋力は20歳代の平均値より高い。これこそがまさしく、我が家の家訓でもある『できない理由より、できる理由を考えよ』を、父自らか示したのだと思うのです」(豪太さん)

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.