日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > カラダにいいといわれるワイン、その実力は?  > 3ページ目
印刷

Gooday 通信

カラダにいいといわれるワイン、その実力は?

抗酸化作用から腸活、殺菌効果、認知症予防まで、幅広い健康効果

 Gooday編集部

白ワインには強い殺菌効果がある

白ワインにも健康効果はあるのか

暑い時期はさっぱりした白ワインがおいしい。一般に「ワインの健康効果」というと赤ワインばかりが取り上げられるが、白ワインはどうなのだろうか。(©Darya Petrenko -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 最近は、赤ワインだけでなく、白ワインを楽しむ人も増えました。国税局によるアンケート調査でも、白ワインを好む人が増えているという結果が出ています。ワインが日常的な食卓に取り入れられるようになった結果、和食に合いやすい白がより好まれるようになっているという話も聞きます。

 「健康にいいワイン」というと、赤ワインばかりに注目が集まりがちですが、実は白ワインにも優れた健康効果があります

 白ワインに含まれるポリフェノールは、赤ワインの半分から数分の1程度と少なくなっています。しかし、「赤ワインのポリフェノールに比べて分子量が小さいという特徴があります。このため、胃や腸内で吸収されやすく、抗酸化作用が早く現れます。量は少ないのですが性能がいいわけです」(佐藤教授)

 白ワインならではの優れた健康効果もあります。大腸菌、サルモネラ菌などの食中毒菌に対する強い抗菌力です。佐藤教授が、白ワインでサルモネラ菌、大腸菌をそれぞれ培養したところ、サルモネラ菌は10分間、大腸菌は20分間で10万個の細菌が数個まで減少したそうです。佐藤教授によると、「赤ワインでも同じように殺菌効果がありますが、殺菌力は白ワインの方が強い」とのこと。

赤ワインはさまざまな面から健康にいい影響を及ぼす

健康効果の王様は、やっぱり赤ワイン?

1990年代後半には「赤ワインの健康効果」がマスコミなどで大きく取り上げられ、一大ブームとなった。やはり、健康効果では赤ワインが一番なのだろうか。(©jeka81 -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 寒い季節になってくると赤ワインが恋しくなります。グリルした肉などしっかりした味わいの料理と合わせるには赤ワインが最適です。先ほど、白ワインにも優れた健康効果があると紹介しましたが、大本命ともいえる赤ワインと比較するとどうなのでしょうか。

 佐藤教授は、「殺菌効果など白ワインの方が優れた面もありますが、ワインの健康効果の中心にあるのはやはりポリフェノールです。ポリフェノールが多く含まれる赤ワインの方が健康効果が高いといえるでしょう」と言い切ります。

 赤ワインのポリフェノールの含有量は1000~3000ppm程度と、白ワインと比較すると数倍以上になります。ブドウのポリフェノールは果皮と種子に多く含まれており、赤ワインは果皮や種子ごと発酵槽で発酵させるため、果皮や種子に含まれるポリフェノールが抽出されるのです。

 1990年代には、赤ワインの健康効果に関する論文が相次いで発表されました。例えば、米カリフォルニア大学デービス校のエドウィン・フランケル博士らは、赤ワインに多く含まれるポリフェノールの抗酸化能力を検証しました。そこで「ワイン由来のポリフェノールが、ビタミンEの半分の濃度で、活性酸素によるLDLコレステロールの酸化を防いだ」と報告しています。

 赤ワインの健康効果で、今注目されているのが、「レスベラトロール」というポリフェノールです。認知症などに効果があるとされているほか、寿命を延ばす働きがあるとされるサーチュイン遺伝子を活性化するという報告も出ています。このレスベラトロールは、フランス・ブルゴーニュ地方などで生産されているブドウの品種「ピノ・ノワール」に多く含まれています。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.