日経グッデイ

Gooday 通信

向井亜紀さん「がんはいつか自分のところにもやって来る。検診で見つかれば、それは大成功」

日経Goodayスペシャルセミナー「がん検診の現在と未来」トークセッションより

 氏家裕子=ライター

 2016年9月20日に開催された日経Goodayスペシャルセミナー「がん検診の現在と未来」のトークセッションのコーナーに、タレントの向井亜紀さんが登場。医療社団法人ミッドタウンクリニック理事で医師の森山紀之先生と共に、ご自身のがんの経験談を踏まえた病気との向き合い方を語ってくれました。向井さんのはつらつとしたトークに会場全体が引き込まれ、笑いあり、涙あり。改めてがんについて身近に考える貴重な機会となりました(進行役は日経グッデイセンター長・藤井省吾)。

[画像のクリックで拡大表示]

それでは本日のステキなゲストをお迎えしましょう。タレントの向井亜紀さんです。向井さんは1964年生まれの埼玉県出身。学生時代からラジオのDJとして活躍されていました。1994年には、プロレスラーの高田延彦さんと結婚、2000年に妊娠されましたが、妊娠中に子宮頸がんを患っていることが判明して手術を受けられました。その後、2003年に米国にて代理出産で双子の男の子さんをもうけられましたね。

向井さん はい。中学1年生でもうすぐ中間テストなんですけど、男の子って全然勉強しないんですよね!(会場笑い)

「妊娠中に子宮頸がんが発覚、天国から地獄へ落ちたような気分だった」

バイタリティ溢れるお子さんのようですね。複数のがんと向き合ってこられた向井さんには、がんの早期発見や、がんとの向き合い方という点からお話しいただきたいと思います。まず妊娠中に子宮頸がんが見つかったのですが、どういう経緯だったんですか?

向井さん 結婚して6年が経った35歳のときにベビーができました。そのときに産婦人科で受けた子宮頸がんの検診で、クラス5(*1)という結果が出て、まぎれもないがんが発見されました。飛び火をしたり浸潤をしたりの可能性を考えないといけないがんの存在が、妊娠をきっかけに分かったんです。

*1 クラス5:明らかに悪性と断定できる異型細胞があり、進行したがんが疑われる状態。

 私は、赤ちゃんができたという天国のような気持ちから、真っ逆さまに地獄に突き落とされたような気分になり、2週間以上激しく落ち込みました。私1人の体ではなくて、もう1つの命が宿っているのに、がんに負けてしまうのが本当にくやしくて、精神的にぺっちゃんこになりました。

森山先生、やはりがんの告知から2週間は“魔の2週間”と言われるように、どなたも精神的なダメージが大きいのでしょうか?」(詳しくは森山先生の連載記事「がんの告知と“魔の2週間”」参照)

森山先生 「大きいですね。ショックを受け、取り乱すのは当たり前です。特に向井さんはお子さんができたというタイミングだったので、なおのこと衝撃は大きかったと思います。この2週間をどう乗り切るかが最初のハードルですね」

「検診に行かないことは自分の体に対して失礼」

今でこそ子宮頸がんは市区町村などで積極的に検診を受けるよう助成金があるところも多いですが、当時は妊娠をきっかけに見つかる方が多かったんですよね。

向井さん そうなんです。さらに当時は子宮頸がんには偏見があって、性的にだらしのない女性がなる病気だというレッテルを貼られていたんです。私の場合は、鹿児島で家庭科の先生をしていて、祖父との恋愛しかしていないような女性だった祖母が、子宮頸がんにかかっていて。人間には、太古の昔からヒトパピローマウイルス(*2)と向き合ってきた歴史があることを、祖母の体験からわかっていたので、この病気のことを皆さんにお伝えしないのはおかしいと思っていました。

*2 ヒトパピローマウイルス:HPV(Human Papillomavirus)。生殖器に感染する一般的なウイルスで、80%以上の男女が一生に1度は感染すると推計されている。多くの場合、免疫機能によって自然に排除されるが、一部が持続感染し、子宮頸がん、肛門がん、膣がんなどを引き起こす。

当時と比べればがんに対する世間の目もだいぶ変わってきましたが、それでも、検診を受けるのが怖いというような人もいますよね。

[画像のクリックで拡大表示]

向井さん 私の友だちも寝る時間を削ってお仕事をしている人が多くて、検査に行くことで嫌なことが見つかりそうなのが怖いって言う人はいます。私の父なんかは、「検診に行って何もなかったら恥ずかしい」とまで言うんですよ。でも、それって自分の体に対して失礼だと思いませんか?検診に行こうと思うこと自体がおめでたいこと、素晴らしいことなんだって言いたいくらい。

森山先生 恥ずかしいことなんて何もないんですけどね。日本人は感情的な部分が大きくて、残念なことに世界の中で日本の医療はトップクラスなのに、検診の受診率は下から数えたほうが早いという結果が出ています。

向井さん 私はアメリカで治療を受けたり、トライしたなかで、向こうの人は日本人とは本当に考え方が違うなと感じました。日本人が感情論で話しがちな検診のことも、アメリカのお医者さんは「検査を受けた方が未来に対しての心配事を削ることになるんだから、とても合理的でしょう」って言うんですよ。

「気持ちを強く持って手術を受けた。お医者さんからは『あなたは手術に向いています』って言われました」

 子宮を摘出し、がんは無事取り除いたものの、手術の影響で機能が低下してしまった右側の腎臓も摘出することになった向井さん。その後もお腹の中で感染をこじらせて、数度にわたり手術を受けたそうです。さらに2013年にはS状結腸にがんが発見され、再び手術をされました。なんと、これまでに受けた手術の回数は14回にも上るといいます。

向井さんは、3年前に大腸がんの一種であるS状結腸がんの手術をしていらっしゃいますが、どうやって見つかったんですか?

向井さん 2002年くらいからPET検査(*3)を受け始めたんですよ。現在は毎年、主人と一緒に両親の故郷の鹿児島でPET-CT検査を受けているのですが、あるとき、腸の中に光が見えたのを先生が見つけてくれて。2011年にはなかったのですが、2012年には小さな光が光っていたんです。そして2013年には同じ場所での光が強くなっていました。毎年受けていたことが、ごく早期での発見につながったんです。

森山先生 前年と比べてどう変化しているかを見ることが検診のポイントなんですよ。

*3 PET検査:陽電子放射断層撮影(Positron Emission Tomography)。ポジトロン(陽電子)を放出する、ブドウ糖に近い性質を持つ薬剤を注射して、体内での広がり方を調べる検査。がん細胞は普通の細胞よりもブドウ糖を多くとりこむ性質があるため、薬剤が集中する場所にはがん細胞の存在が疑われる。

最初のがんは完治して、次は早期がんの状態で見つけるぞ、という気持ちで対応していったんですね。

向井さん 初めてがんになったときは落ち込みすぎて、気持ちがぺちゃんこになることによって術後もどんどん体の状態が悪くなっていきました。そんな中でいろんな先生や“がん友”に出会うことで、気持ち次第で予後が全く変わってくることがわかりました。

 メンタルが弱い状態でいると免疫力や自然治癒力って落ちちゃうんですよね。だから、大腸がんが見つかったときは、子どもが4年生で「お母さん死んじゃうの?」ってすごく泣かれたんですけど、「死なないよ、死なないために検査を受けていたんだから、これは大成功なんだよ。悪いところを見つけたから、これから悪いところをやっつけてくるから大丈夫」と子どもに伝えて、気持ちを強く持って手術に挑んだんですよ。そのときお医者さんから「あなたは手術に向いています」って言われました(会場笑い)。

 人間って、麻酔から覚めていくときに自分の本音が出ちゃうことがあるらしいんですけど、私の場合は、麻酔が切れていくときに「先生、私こう見えても若いんです! 家に帰っていろんなことがやりたいんです。これがやりたい、あれがやりたい」って元気にしゃべっていたらしく、先生や病院スタッフの方から「あの人は元気になるね」って言われていたそうです。

「がんは、『私以外の誰かがなる病気』ではない。いつか自分にもやって来る」

森山先生、前向きに考えているほうが、がんに負けにくいんでしょうか?

森山先生 いろいろな患者さんを診てきましたが、悪いほう、悪いほうにどんどん考えていく患者さんは、免疫や代謝が悪くなる傾向がありますね。

[画像のクリックで拡大表示]

向井さん 今は、3人に1人ががんで死ぬ、2人に1人ががんになるといわれている時代です。私も昔はぼんやりと、「がんは、私以外の誰かがなる病気」という他人事のようなとらえ方をしていました。でも、自分ががんになったときに少しでもパニックを防ぐように、がんはいつか自分のところにもやって来るということを、頭に置いておいた方がいいと思います。がんになったとき、誰に相談すればいいかということだけでも決めておけば、少しは心を強く持つことができますよ。

具体的に、何歳くらいからがんについて意識した方がいいでしょうか?

森山先生 学校教育で教えるのが1番いいと思いますけど、それが無理でも、早い段階から常に自分なりにシミュレーションするのは必要だと思います。早期発見できれば簡単に消せるんですから

地域の検診はもちろん、余裕があれば精度の高い検診を受けた方がいいですか?

森山先生 精度が高い検診というのは、よりがんが見つかる可能性が高くなると解釈してもらうといいですね。自分の命にいくらお金を出すかは個人の価値観や経済状態によって違いますが、私は検診に対してある程度の投資をしてもいいと思っています。

向井さん 大腸がんを患っていたときにお世話になっていた病院の名誉院長先生が、「がんを怖がらない方法が2つあります」っておっしゃっていたんです。なんだろう、すごく難しい最先端の語句が出てくるのかな、と思ったら、「1つは早期発見です」って。「もう1つは患者としての気の持ちようです」って。気持ちは元気な今から作っていけますよね。だから、検診のハードルを自ら低くして、自治体の検診にみんなで誘い合っていくといいんじゃないかと思います。

「がんになったことで夫と普段はできない話をし、今まで感じられなかったものを経験する機会になった」

向井さん 夫の高田は格闘技をしていて気が強そうに見えるんですけど、本当は気が弱いんですよ。蹴られたりする“面の痛さ”には強いけど、注射などの“点の痛さ”には弱いんだって言っています。私が病気のときには本当に心配してくれて、「病院怖いだろ? どこかに逃げよう」って真顔で言ったりしていましたよ(笑)。

 がんになることで、普段話せない弱い部分を病室の中で2人きりで見せ合えたのは、いい時間でした。父と母とのかかわりもそうです。両親は鹿児島の人間で、それまでは割と強い言葉で親子の会話をしてきたんですけど、がんになったときに初めて、弱い自分を心配して涙を流す母親を見ました。今まで感じられなかったものを感じられる機会になりましたね。

同じがん患者さんとの交流で感じたことはありますか?

向井さん 同じ時期に同じ病気で入院している友だちがどれだけ頑張っているかを見てきました。子宮頸がんっていうのは比較的若い年代の女性に多く、マザーキラーって言われるがんなんです。がんの治療で免疫の状態が不安定な患者さんのところには、子どもはお見舞いに来られないんですね。なので彼女は、子どもに会えた時にはこうしたい。入学式の時にはママをやりたいなど、こうなりたいという未来をイメージしながら体調を引っ張り上げていました

 そうして頑張っている女性をたくさん見てきたので、私も、胸の中のスクリーンに未来のイメージを映さないとやっていけないと思うようになりました。病気はしんどいけれど、病気になったことで心が広がって勉強になった部分はあります。

ご家族に変化はありましたか?

向井さん 高田もすごく強くなったんですよ。内視鏡検査を、気の弱い男3人で一緒に受ける、ということを年間行事の1つにするようになりました。検査の前には夜、電話で「下剤飲み始めた?」とか話して(笑)。検査をしてなんでもなかったら、みんなでおうどんを30回噛んで食べて帰ってきます。

1人ではなかなか検診に行けない人が、同じ気持ちの人と集まってイベント化するというのはいいアイデアですね。さて、まだまだお話を続けたいところですが、時間も迫っていますので、森山先生、向井さんから明日からできることを一言ずついただけますか。

森山先生 検診を受けてください。余裕があれば精度の高い検診を受けてください。これに尽きると思います。

向井さん 後悔をしないような選択をしてください。やってしまったことに対して「若気の至りだった」という甘酸っぱい後悔とは違って、検診をしなかったというのは、苦い後悔だと聞いたことがあります。人間はいつか必ず死にますし、ほとんどの人ががんになります。10分でも1時間先の未来でもいいからイメージしながら、自分らしい時間をどう過ごせるかを考えてほしいです。

(写真:海老名 進)

向井 亜紀さん
タレント
向井 亜紀さん 埼玉県出身。1964年11月3日、耳鼻科の医師の父と高校の化学教師の母のもとに生まれる。日本女子大学在学中にラジオ番組のDJとしてデビュー。以後、テレビ・ラジオで人気を集める。94年、格闘家の高田延彦氏と結婚。2000年、妊娠するも子宮頸がんに罹患していることが分かり、子宮全摘出。03年、米国での代理出産により、双子の男子を授かる。現在は、毎週土曜日の朝、旅の情報番組『朝だ!生です 旅サラダ』(朝日放送)の司会を務めるほか、講演活動、エッセー執筆など多方面で活躍中。さらに、夫・高田延彦氏主催の高田道場が開催する子供向け体育教室『ダイヤモンド・キッズ・カレッジ』に参加。MCとして全国の子ども達に身体を動かす楽しさを伝えている。
森山 紀之さん
医師、医療法人社団ミッドタウンクリニック理事 兼 医療法人社団進興会理事長
森山 紀之さん 1947年和歌山県生まれ。千葉大学医学部卒業後、76年に国立がん研究センター放射線診断部に入局。04年同センターがん予防・検診研究センター長、13年医療法人社団ミッドタウンクリニック常務理事。2016年4月より現職。ヘリカルスキャンX線CT装置の開発に携わり、早期がんの発見に貢献。05年に高松宮妃癌研究基金学術賞、07年に朝日がん大賞を受賞。主な著書に『がんはどこまで治せるのか』(徳間書店)。