日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 社内実施担当者必見! 「ストレスチェック」の疑問に答えます  > 5ページ目
印刷

Gooday 通信

社内実施担当者必見! 「ストレスチェック」の疑問に答えます

中小企業における「ストレスチェック」のより良い運用と活用を考える(後編)

 氏家裕子=ライター

最後に2つ。「社員教育でセルフケアのためにどんなセミナーがオススメですか」という質問と、「専門知識がないのに担当させられる社内実施担当者の精神的負担をどうしたらいいか」との質問がありますが、このあたりはいかがでしょうか。

[画像のクリックで拡大表示]

宮川さん 研修は一般的にはセルフケア研修に加えて、ラインケア研修も必要です。ストレスチェックは、セルフケアやラインケアとしての一部なので、それ以外に管理監督者と部下が、日ごろ良好な関係性を築けるような研修などがあるといいかと思います。
 また、各自治体の労働局や労働基準監督署に持ち込まれる個別労働相談の統計が毎年出てきてますけど、最近多いのは、いじめ・嫌がらせなどパワハラ関係で、昨年は約7万件ほどで5年連続トップです。解雇問題などと比べるといじめ・嫌がらせだけが右肩上がりなんです。このような状況からかもしれませんが、ハラスメント研修の依頼が増加しています。ただこれも、ご依頼いただけるのが管理職だけというケースが多いので、被害者になりうる人たちもしっかりと正しい知識を持たないと、なかなか問題は解決しないですよね。どういうことがパワハラになりうるのか、本人も良かれと思って行った指導が意識しないうちにいじめにつながってしまうこともあるので、このような研修も有効だと思います。
 あと最近多いのは、アンガーマネジメントですね。感情コントロールをどうやっていくのかはとくに管理職層のニーズがあって、ハラスメント研修に絡めてやっている会社もあります。また、ストレスマネジメントとして、奥田先生は専門だと思いますが、マインドフルネスで自分の精神状態、体調を整え、ストレス軽減や集中力を高めるなどの取り組みが非常に有効だといわれています。

[画像のクリックで拡大表示]

奥田さん マインドフルネスを有効活用するには睡眠と食事をちゃんとして体調がいいことが重要です。睡眠不足で瞑想しても、すぐに眠ってしまいますよね(笑)。メンタルが元気であるということは、体が元気であることが絶対的に基本にありますので、マインドフルネス研修の前に、基本的なセルフケアの研修が不可欠です。不摂生されている方は非常に忙しい方が多いので、そのあたりをセルフケアセミナーにて社員教育し、個人個人が気を配るようになるだけでも、過労を原因とするうつ病やメンタル不調の発生率は下がると思います。
 同時にラインケアセミナーも行い、上司自身が率先して睡眠や食事のセルフケアの大切さを理解して、部下に日々指導できるようになればベストだと思います。
 では次にストレスチェックに関係する社内実施担当者の精神的負担の軽減に関しての質問についてお答えしますね。私が見てきた限りでは、社内の実務担当はたった一人という例も多かったんです。そういう方はご自身に負担がかからないように、外部の信頼できるEAP業者さんを選ばれるのが重要かと思います。その方と産業医(または実施者となる保健師や医師)とタッグを組んでストレスチェックのシステム構築から一緒に相談したり、実施を進めていけば、負担を軽減できるかなと思います。

[画像のクリックで拡大表示]

どうもありがとうございました。いかがでしたでしょうか。ぜひ、みなさんも参考にしていただければと思います。

(写真:稲垣純也)

前編 「ストレスチェック」はどう役立てるかを考えながら進める!
奥田弘美(おくだ・ひろみ)さん
精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家
奥田弘美(おくだ・ひろみ)さん 1992年山口大学医学部卒。精神科臨床および都内20カ所の産業医として日々多くの働く人のメンタルケア・ヘルスケアに関わっている。著書は「1分間どこでもマインドフルネス」(日本能率協会マネジメントセンター)、「図解『めんどくさい』をスッキリ消す技術」(マキノ出版)など多数。日本マインドフルネス普及協会を立ち上げ日本人に合ったマインドフルネス瞑想の普及も行っている。
宮川浩一(みやがわ・こういち)さん
ネオシステム EAP事業部長/国際EAPコンサルタント(CEAP)
宮川 浩一(みやがわ こういち)さん EAPコンサルタントとして企業における産業保健の構築サポート、メンタルヘルス対策、組織診断・職場改善サポート、研修講師、カウンセリング業務、ハラスメント対策等に従事。メンタルヘルス、ストレスマネジメント、メンタルトレーニング、パワハラ・セクハラ等をテーマにセミナー、研修を実施。

先頭へ

前へ

5/5 page

ストレス
キーワード一覧へ
日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.