日経グッデイ

Gooday 通信

道端カレンさん「運動は継続しやすいことを。私は朝の体操番組がきっかけでした」

「骨盤底筋の衰えが老化を進める」 Gooday流ビューティフルエイジング・セミナー【後編】

整形外科医の中村格子先生とトップモデルの道端カレンさんをお招きし、7月28日に開催された日経Goodayリニューアル記念セミナー。中村格子先生による第一部「美しくエイジングするために知っておきたいイロハ」に引き続いて、第二部では、会場のみなさんのお待ちかね、中村格子先生と道端カレンさんを迎えて「本音トーク!~無理なく、ビューティフルエイジング」が始まりました。ファシリテーターは日経Goodayの藤井省吾発行人。なんとカレンさんは、2人目出産後にラジオ体操の愛好家だったこともわかり、会場は盛り上がりました。

道端カレンさん「出産を機にダイエットしましたが…」

藤井省吾発行人(以下、藤井)「カレンさんは、お仕事に、2人のお子さんの子育てに、と忙しい日々を過ごしながら、7月19日に開催された『第23回長崎西海トライアスロン』の一般女子の部でなんと総合2位という輝かしい記録を打ち立てられました(会場から大きな拍手)。現在36歳にして素晴らしいスタイルを維持されているカレンさんですが、体作りについてモットーとされていることは何でしょうか?」

セミナーの第2部は、トップモデルの道端カレンさんをお迎えした「本音トーク!~無理なく、ビューティフルエイジング」。カレンさんは、2人目の出産後にテレビやラジオでの体操を続けていたことがわかり、会場はとても盛り上がりました。
[画像のクリックで拡大表示]

道端カレンさん(以下、道端)「私は職業柄、外見的なことを聞かれることが多いのですが、やはり健康的な生活や体の内側作りをおろそかにしては、外側を美しくすることはできないと思ってます。どんなに高価な美容液を塗っても、睡眠不足だと肌に現れます。食事、運動、そして休息。その3つを大切にしています」

中村格子先生(以下、中村)「基本に忠実ですね、素晴らしいと思います。何かをやろうという意欲も、体力がなかったり疲れてしまうと、なかなか出てこないですから」

藤井「カレンさんはモデルとしても活動歴が長いのですが、たとえばこれまで、体重管理に関してはどのようになさってきたのですか?」

道端「私は1994年にデビューしましたが、当時のモデル業界には『細ければいい』という風潮がありました。でも、2000年ごろから、ワークアウトをして腹筋を鍛えている海外のモデルさんが注目されたり、細すぎるモデルはショーでは使わないとされたことが話題になるなど、業界の考え方も変化してきました。私が運動を始めたのは、25歳で1人目を出産したとき。10キロ増えた体重を戻したいと思って、運動に取り組んだのですが、なかなか落ちなくて…。そこで、ヨガを始めたりパーソナルトレーナーに指導していただく中で、運動に目覚めました。運動をすると、体が、健康になるような食べ物を自然と欲するみたい。いい循環ができているのかなと思います。そうやって自分の体を整えていけるといいなと思っているんです」

道端カレンさん「きっかけは朝の体操番組でした」

藤井「それではここで、会場にいるみなさんに質問です。週1回は運動をしているという方は手を挙げていただけますか? (かなりの割合で手が挙がる)。 おおっ、みなさん、意識が高いですね!」

「年齢とともに重力に負けてたるむなどとといわれますが、筋力低下防げば、お尻も、お顔も、たるまないんじゃないかと思っています」(カレンさん)
[画像のクリックで拡大表示]

道端「本当ですね。運動するというと、何か特別な時間を作って特別なことをするようなイメージがあるかもしれませんが、『体を動かす機会を作る』ぐらいに気楽に考えるといいと思うんですね。私は2人目を出産したとき、新生児がいるとジムにも行けず、外に走りにも行けなくなった。そこで、朝6時30分ごろにテレビでやっていた3分ほどの体操を毎日、10カ月ぐらい続けたんです。たとえば『明日から走ろう』と思ってもなかなか続かないですよね。でも、例えばラジオ体操のような運動は簡単だから、毎日継続できた。しかも、とっても気持ちが良かったです」

藤井「カレンさん、実は中村格子先生は、ラジオ体操の本で大ベストセラーを出していらっしゃるんですよ」

道端「えっ、そうだったんですか。知りませんでした…すみません! びっくりしました」

(会場は爆笑)

中村「決して事前に打ち合わせをしたわけではないのですが、ありがとうございます(笑)。ラジオ体操は、前後左右に均等な動きで構成されていて、ストレッチもできるし、非常にいい体操なんですよ」

中村格子さん「必要なのは、筋肉量を増やすことです」

藤井「中村先生に質問です。これから運動を始めるぞと思ったときに、どういうタイプの運動を選べばよいかといった指標はありますか?」

中村格子先生、道端カレンさんのエイジング術を真剣なまなざしで聞き入る参加者が多かった(写真上)。檀上で披露された中村格子先生によるマッサージ術を会場の参加者たちも実践(写真下)。

中村「何を目標とするか、ですね。筋肉を増やすなら筋トレ。脂肪を燃やしたいなら、自分にとって最も効率よく脂肪が燃えるゾーンを認識して運動をすることです。たとえば、『疲れにくい体を作りたい』と思うのであれば、ご自身の筋肉量と体脂肪率を測ってみて、両者を比較してみましょう。筋肉よりも脂肪の方が多い場合は、少ない筋肉で脂肪を支えているわけですから、ちょっとの動作でも疲れやすい状態になっているということ。必要なのは、筋肉量を増やすことです。となると、脂肪燃焼をするよりも、まずは筋肉に負荷をかけながら行う筋トレを行うのが効率的です」

藤井「では、筋肉量はそこそこあるけれどもっと軽い体にしたいというときではどうでしょう?」

中村「有酸素運動がお薦めですね。最大心拍数(220拍)からご自身の年齢の数字を引きます。そこで割り出した心拍数の60~70%ぐらいが体に負荷をかけすぎずに脂肪を燃やすことができるゾーンです。ついついがんばってしまう人は負荷をかけすぎて無酸素運動になり、つらい、しかも脂肪は燃えずに筋肉がさらに太くなる、という失敗をおかしがち。だから、自分はこのぐらいがベストなんだ、という強度を認識しながら運動していただくことが、賢いやり方なのです。昨今話題になっている『AppleWatch』や、心拍数が測れるウエラブル端末などを活用すると、自分の脂肪が最も楽に、効率よく燃焼するゾーンがわかりますよ」

道端「筋トレに関して私からも一言いいでしょうか。私はよくスクワットを薦めているのですが、ひざがつま先より前に出ないように注意しながらお尻をぐっと後ろ側に引き下げて行うといいですね。私はトライアスロンを始めて、バイクをこぐ動きをすることでヒップアップ効果が得られました。30歳のときより36歳の今のほうがお尻はあがっているな、と思っています。よく、年齢とともに重力に負けてたるんでしまうといわれますが、筋力低下を自分で予防すれば、お尻も、お顔だってたるまないんじゃないかって思っています」

中村「そう、その通りです!」

中村格子さん「バストトップ、背中、ひざ、骨盤の意識を」

藤井「次にエイジングについての質問です。いつまでも若々しいビューティフルエイジングを目指すためには、体の中で特にどこを意識すべきでしょうか」

中村「まず、バストトップの位置ですね。腕を組んだときに腕に胸が乗ってしまうとダメ。あごと2つの乳頭を結んだ三角形は“黄金のトライアングル”と言われ、正三角形に近くなるほど美しくみえるとされています。両腕を下したときに、バストトップが上腕の真ん中より上に来ていると若々しく、下に来てしまうと老けた印象になるのです」

「顔のエイジングケアだけではなく、体も同じような意識で向き合ってください。自分を磨くことは、とっても楽しいことですよ」(カレンさん)
[画像のクリックで拡大表示]

道端「私が小学生だったとき、スイミングスクールの先生に『バストトップの位置が低い』って言われて、母親に伝えたら『姿勢よくしなさい!』と叱られたことを思い出しました(笑)」

中村「お母さんはよくわかっていらっしゃったんですね。バストトップの次に大切なのが、背中のラインです。ウエストから背中にかけて逆三角形に広がる広背筋(こうはいきん)のラインがしっかり出ていると、後ろ姿が若々しい印象になります。さらに、ひざがしっかり伸びていること、ヒップトップが上がっていることも大切です。日本人の女性は骨格の関係で骨盤がどうしても後ろ側に傾きやすく、恥骨が上側を向いてしまう。それを防ぐためには、がんばって骨盤を立てる時間を意識して作ってみるといいと思います。背すじがきれいに伸び、お腹に脂肪もたまりにくくなりますよ。自分は後ろからも見られていると意識することが大切です」

藤井「中村先生、ありがとうございました。バストトップ、背中、ひざ、骨盤、このあたりを意識することが大切なのですね」

道端カレンさん「骨盤底筋の衰えが女性の老けを進める」

セミナーでは、道端カレンさんが実践するエクササイズも実演披露。「骨盤底筋を鍛えると、骨盤が正しい位置を保て、座骨を使って座ることができます」(カレンさん)。
[画像のクリックで拡大表示]

 骨盤を意識することが大切だとの話が出たところで、最後にカレンさんによる「座ったままできる骨盤底筋(こつばんていきん)トレーニング」の実演が行われました。

道端「骨盤底筋は、自転車に乗ったときにサドルが当たる部分にあります。この筋肉は出産や年齢とともに衰えやすく、尿漏れの原因になるとされています。骨盤底筋を鍛えると、骨盤が正しい位置を保て、座骨を使って座ることができる。けれども、骨盤が不安定だと、脚を開いて座ってしまったり、バランスを取ろうとして脚を組んだりしやすいそうなんです。思い当たる人は、ぜひ行ってみてください」

道端カレンさんが直伝! 3つのエクササイズ

 ひざが直角になるように椅子に座る(左イラスト)。背すじは伸ばしたまま、下腹を少し前に押し出すようにして骨盤を軽く前に倒す。尿意をがまんするような意識で尿道に力を入れる(右イラスト)。10回繰り返す。

骨盤底筋・前部引き締めエクササイズ

[画像のクリックで拡大表示]

骨盤底筋・後部側引き締めエクササイズ

 ひざが直角になるように椅子に座る(左イラスト)。背すじは伸ばしたまま、今度は、尾てい骨を少し下に落とすようにして、骨盤を軽く後ろ側に倒す。お尻の穴をぎゅっと締める意識で(右イラスト)。10回繰り返す。

[画像のクリックで拡大表示]

「二の腕」引き締めエクササイズ

 両腕を体の背後に真っ直ぐ伸ばす。そのまま小指の先に力を入れながら、ドアノブを回すように、「内」「外」に回す。8回繰り返す。首が詰まらないよう、一度大きく肩を回してから、左右の肩甲骨をぐっと引き寄せる。さらに負荷を高めたいなら、腕を背後で高く上げて、肩甲骨をさらに引き寄せて行うと負荷が高められる。

[画像のクリックで拡大表示]

道端カレンさん「顔だけではなく、体も同じ意識で向き合う」

 最後に、会場のみなさんに向けて2人からメッセージが送られました。

中村「エイジングは誰にでも起こります。今の若さを維持するために何か行動したことに満足してしまうのではなく、ずっと考えながら、焦らず、楽しく続けていってほしいと思います。私もがんばります!」

道端「顔を洗うときに化粧水や乳液をつけるというケアは誰もが行っていることですよね。見た目だけでなく、体にも同じような意識で向き合ってください。簡単に自分で続けられることで『これだな』というものを見つける、その出合いのプロセスごと楽しんでいってほしいと思います。自分を磨くことは、とっても楽しいことです」

 パワフルで前向きなオーラが全身からあふれる、中村先生とカレンさん。2人の美と健康には、正しい知識と日々のこつこつとした努力があることがわかりました。「私も、今日から何かを始めよう!」という勇気をもらえた人も多かったのではないでしょうか。

会場のセミナー参加者に聞きました!

「今ダイエットをしているのですが、運動は苦しいくらいがんばらないといけない、と思ってました。自分にとって最適な心拍数を算出する方法なども知ることができ、すごくためになりました。脚を組んでしまうのは骨盤底筋が不安定だから、という話も、納得しました。私も努力しながら、きれいに年齢を重ねていければと思います」(井出真貴さん 39歳・会社員)


「今日は中村先生とカレンさんのお話を聞きたくて参加しました。毎年4月になるとなにかやろうと思ってジムに入会したりするのですが、ついつい忙しい、疲れた、と辞めてしまう繰り返しで。でも、気持ちの持ち方次第で何かを続けていけるんだな、自分もがんばろう、と思いました。骨盤底筋エクササイズも、一緒にやってみると、ふだんあまり使えていないことがわかりました」(小久保優子さん 40歳・会社員)



(まとめ:柳本操=ライター/撮影:村田わかな/イラスト:金子なぎさ)

道端カレンさん
モデル
道端カレンさん 1979年アルゼンチン生まれ。福井県出身。母親が日本・父親がアルゼンチン国籍を持つスペイン人&イタリア人のハーフ。 道端3姉妹の長女で、次女ジェシカ、三女のアンジェリカとともに多くの女性から支持を得ている。15歳でモデルデビューし、現在は雑誌、テレビやトークショーなど幅広く活躍。食や健康にも造詣が深く、数多くの資格を持つ。最近ではジュエリーコーディネーター3級に合格。テレビショッピングチャンネル「QVC」では、オリジナルブランド・“アリエルミー”のデザイナーとして商品プロデュースも行う。プライベートでは2人の男の子のママでもあり、最近ではトライアスロンに挑戦するなどアクティブな一面も。

セミナー協力:株式会社サンギ

日経グッデイ春割キャンペーン