日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 道端カレンさん「運動は継続しやすいことを。私は朝の体操番組がきっかけでした」  > 5ページ
印刷

Gooday 通信

道端カレンさん「運動は継続しやすいことを。私は朝の体操番組がきっかけでした」

「骨盤底筋の衰えが老化を進める」 Gooday流ビューティフルエイジング・セミナー【後編】

「二の腕」引き締めエクササイズ

 両腕を体の背後に真っ直ぐ伸ばす。そのまま小指の先に力を入れながら、ドアノブを回すように、「内」「外」に回す。8回繰り返す。首が詰まらないよう、一度大きく肩を回してから、左右の肩甲骨をぐっと引き寄せる。さらに負荷を高めたいなら、腕を背後で高く上げて、肩甲骨をさらに引き寄せて行うと負荷が高められる。

[画像のクリックで拡大表示]

道端カレンさん「顔だけではなく、体も同じ意識で向き合う」

 最後に、会場のみなさんに向けて2人からメッセージが送られました。

中村「エイジングは誰にでも起こります。今の若さを維持するために何か行動したことに満足してしまうのではなく、ずっと考えながら、焦らず、楽しく続けていってほしいと思います。私もがんばります!」

道端「顔を洗うときに化粧水や乳液をつけるというケアは誰もが行っていることですよね。見た目だけでなく、体にも同じような意識で向き合ってください。簡単に自分で続けられることで『これだな』というものを見つける、その出合いのプロセスごと楽しんでいってほしいと思います。自分を磨くことは、とっても楽しいことです」

 パワフルで前向きなオーラが全身からあふれる、中村先生とカレンさん。2人の美と健康には、正しい知識と日々のこつこつとした努力があることがわかりました。「私も、今日から何かを始めよう!」という勇気をもらえた人も多かったのではないでしょうか。

会場のセミナー参加者に聞きました!

「今ダイエットをしているのですが、運動は苦しいくらいがんばらないといけない、と思ってました。自分にとって最適な心拍数を算出する方法なども知ることができ、すごくためになりました。脚を組んでしまうのは骨盤底筋が不安定だから、という話も、納得しました。私も努力しながら、きれいに年齢を重ねていければと思います」(井出真貴さん 39歳・会社員)


「今日は中村先生とカレンさんのお話を聞きたくて参加しました。毎年4月になるとなにかやろうと思ってジムに入会したりするのですが、ついつい忙しい、疲れた、と辞めてしまう繰り返しで。でも、気持ちの持ち方次第で何かを続けていけるんだな、自分もがんばろう、と思いました。骨盤底筋エクササイズも、一緒にやってみると、ふだんあまり使えていないことがわかりました」(小久保優子さん 40歳・会社員)



(まとめ:柳本操=ライター/撮影:村田わかな/イラスト:金子なぎさ)

道端カレンさん
モデル
道端カレンさん 1979年アルゼンチン生まれ。福井県出身。母親が日本・父親がアルゼンチン国籍を持つスペイン人&イタリア人のハーフ。 道端3姉妹の長女で、次女ジェシカ、三女のアンジェリカとともに多くの女性から支持を得ている。15歳でモデルデビューし、現在は雑誌、テレビやトークショーなど幅広く活躍。食や健康にも造詣が深く、数多くの資格を持つ。最近ではジュエリーコーディネーター3級に合格。テレビショッピングチャンネル「QVC」では、オリジナルブランド・“アリエルミー”のデザイナーとして商品プロデュースも行う。プライベートでは2人の男の子のママでもあり、最近ではトライアスロンに挑戦するなどアクティブな一面も。

セミナー協力:株式会社サンギ

先頭へ

前へ

5/5 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.