日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > シニアの2人に1人は週1回ウォーキングを実施
印刷

Gooday 通信

シニアの2人に1人は週1回ウォーキングを実施

ウォーキング人口は過去20年で2倍に増加、ここ数年は微減傾向

 日経Gooday編集部

 ウォーキング人口は過去20年で2倍に増加しており、特にシニア層が牽引している――。近年のウォーキング習慣の実態が笹川スポーツ財団の調査結果から明らかになった。

健康志向の高まりから、ここ20年で散歩・ウォーキング人口は2倍に増えた。(c)PaylessImages -123rf

 笹川スポーツ財団は昨年6月~7月に、全国の18歳以上の男女3000人を対象にした『スポーツライフに関する調査2016 』を実施した。同財団は9月14日、敬老の日を前に、高齢者を含む成人の散歩・ウォーキングの実施状況について、過去20年間の推移と年代別の分析結果を発表した(発表資料はこちら)。

 それによると、散歩・ウォーキングを年1回以上実施する人の比率は、2016年で44.2%、推計人口は4592万人となった。1996年の実施率は22.3%、推計人口は2141万人なので、ほぼ2倍に増えていることになる。

 ただし、散歩・ウォーキングの実施比率は、2010年の47.5%をピークに緩やかな減少傾向にある。また、週1回以上散歩・ウォーキングを実施する人の比率は、2016年で32.5%(推計人口で3376万人)となっている。こちらも2010年以降、緩やかな減少傾向にある。

年1回以上「散歩・ウォーキング」を実施している比率と推計人口の推移
推計人口は、各年の住民基本台帳人口に実施率を乗じて算出(※笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1996~2016)より)
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.