日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > シニアの2人に1人は週1回ウォーキングを実施
印刷

Gooday 通信

シニアの2人に1人は週1回ウォーキングを実施

ウォーキング人口は過去20年で2倍に増加、ここ数年は微減傾向

 日経Gooday編集部

 ウォーキング人口は過去20年で2倍に増加しており、特にシニア層が牽引している――。近年のウォーキング習慣の実態が笹川スポーツ財団の調査結果から明らかになった。

健康志向の高まりから、ここ20年で散歩・ウォーキング人口は2倍に増えた。(c)PaylessImages -123rf

 笹川スポーツ財団は昨年6月~7月に、全国の18歳以上の男女3000人を対象にした『スポーツライフに関する調査2016 』を実施した。同財団は9月14日、敬老の日を前に、高齢者を含む成人の散歩・ウォーキングの実施状況について、過去20年間の推移と年代別の分析結果を発表した(発表資料はこちら)。

 それによると、散歩・ウォーキングを年1回以上実施する人の比率は、2016年で44.2%、推計人口は4592万人となった。1996年の実施率は22.3%、推計人口は2141万人なので、ほぼ2倍に増えていることになる。

 ただし、散歩・ウォーキングの実施比率は、2010年の47.5%をピークに緩やかな減少傾向にある。また、週1回以上散歩・ウォーキングを実施する人の比率は、2016年で32.5%(推計人口で3376万人)となっている。こちらも2010年以降、緩やかな減少傾向にある。

年1回以上「散歩・ウォーキング」を実施している比率と推計人口の推移
推計人口は、各年の住民基本台帳人口に実施率を乗じて算出(※笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1996~2016)より)
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.