日経グッデイ

Gooday 通信

早期検診でがんや糖尿病、認知症に先制パンチを!

「生活習慣から健康寿命を科学する」と題して京都で講演会

 竹林篤実=ライター

8月18日、京都新聞文化ホールで「生活習慣から健康寿命を科学する」と題した講演会(京都新聞主催)が行われました。講演は3部構成で、講演1では「更年期医療と日本初のエクオール検査」をテーマに医療法人社団ミッドタウンクリニック特別顧問の吉形玲美氏が、講演2では「糖尿病・認知症予防に向けた先制医療」をテーマに京都大学医学部附属病院 先制医療・生活習慣病研究センター特定教授・福島光夫氏が、それぞれ講演を行い、その後、パネルディスカッションが行われました。その模様をお伝えします。

女性特有のがんは年齢が上がれば死亡率も高まる

ミッドタウンクリニック特別顧問の吉形玲美氏
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、ミッドタウンクリニック特別顧問の吉形玲美さんが演台に立った。

 「更年期からどのような健康管理をするかということが、女性の健康寿命を伸ばすこと、そのものなんです」と、吉形さんは会場に集まった参加者に向って、こう語りかけました。

 この「健康寿命」という言葉はご存じだろうか。健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のこと。いくら寿命が伸びても、寝たきりでは「健康」とは言えない。

 吉形さんが健康寿命のスライドを示して説明する。男性の場合は、平均寿命が80.2歳で健康寿命が71.2歳。差し引きすれば、健康ではない期間が9年あり、平均寿命の約9分の1に相当。一方、女性は不健康な期間が約12年と平均寿命の約7分の1を寝たきりや要介護で過ごすことになる。比率としては、女性のほうが健康寿命が短い。

(図表提供:吉形玲美氏)
[画像のクリックで拡大表示]

 では、そんな女性の健康管理をどう考えればいいのか? 「閉経前の婦人科特有の病気と、更年期以降の生活の質に関わる病気に分けて考えることが重要」(吉形さん)とのこと。

 婦人科特有の病気について、吉形さんが指摘する。

 「現代女性は、昔の女性と比べて、出産回数が減ったために、月経のある時期が長くなっています。排卵数が増え、ホルモンが過剰に影響するようになったことも、婦人科の病気が増えている一因でしょう」。

[画像のクリックで拡大表示]
(図表提供:吉形玲美氏)

 さらに食生活などライフスタイルの変化により、乳がん、子宮体がん、卵巣がんは増えており、ウイルス感染によって発症する子宮頸がんも、性交年齢の低年齢化により増えているという。いずれのがんも年齢が上がるほど死亡率が高まるので、生涯にわたってがん検診を受けることが必要と吉形さんは力説した。適切な検診を行うことで、予防や早期発見による治療は可能だという。

女性特有がんの検診ってどんなのがある?

 では、どんな検診があるのだろう? 子宮がんの検診は、まず医師による触診のほか、経膣エコーがある。経膣エコーは数分で終わる簡単な検査だが、多くの情報を得られるとのこと。検査で気になるところが見つかった場合には画像検査を行う。子宮と卵巣については、PET/CTとMRIがあり、乳腺については従来のマンモグラフィーや乳腺エコー検査に加え、乳房用PETや、立体的に画像を表示する「3Dマンモグラフィー」などがある。

 「婦人科系のがんで何より大切なのは、早期発見に努めること。できる限り早い時期から婦人科検診を受けるよう心がけてください」(吉形さん)。やはり、早期検診は重要なんですね。

更年期から進行する病気

[画像のクリックで拡大表示]

 講演の後半は「更年期から進行する病気」についての解説に。

 まずは、女性ホルモン「エストロゲン」について吉形さんが解説する。女性の体は、このエストロゲンによって守られている。女性ホルモンといえば出産に必要なホルモンと思われがちだが、実は全身に作用しているもの。男性も女性ホルモンを持っていて、その量は生涯を通じて変化しない。ところが女性は閉経に伴って急激に減り、55歳ぐらいを過ぎると男性の3分の1ぐらいに下がるとのこと。

 「更年期とは、女性ホルモンによって体が守られていた期間の終了を意味します。その結果、生活の質を低下させる病気、更年期障害、生活習慣病、骨粗鬆症などに悩まされる方が増えてくる」(吉形さん)のだそう。

[画像のクリックで拡大表示]
(図表提供:吉形玲美氏)

 そして、「骨粗鬆症が女性に多いのも、女性ホルモンが関係している」という。

 70代以降の女性は、2人に1人が骨粗鬆症を発症。骨粗鬆症や動脈硬化などの症状が出るのは65歳ぐらいから。けれども実は閉経を迎える50代から潜在期が始まっており、この時期に予防や早期治療に取り組むことが、健康寿命を伸ばすカギなのだとか。

 「特に骨粗鬆症は、女性が要介護になる原因の第3位。大腿骨を骨折すると寝たきりになりやすく、脳血管疾患、衰弱、認知症のリスクも高まります」(吉形さん)

 閉経後に女性が骨粗鬆症になるメカニズムは、既に解明されている。骨は髪の毛と同じように、常に作り変えられており、古い骨は壊し(破骨細胞)、新しい骨(骨芽細胞)が作られている。閉経して女性ホルモンの分泌が低下すると、破骨細胞と骨芽細胞のバランスが崩れて、骨が正常に再生されない。その結果起こるのが骨粗鬆症。だから女性ホルモンの量が安定している男性は骨粗鬆症が少ないとのこと。

 骨粗鬆症を防ぐには、更年期からの定期検査と適切な管理・治療を施すことがポイント。骨密度検査を行って早めに手を打つことで、少なくとも進行を緩やかにすることが可能なのだそう。

 「骨密度検査は、腰の骨や太ももの骨あるいは腕や手の骨をレントゲンで測定します。ぜひ、早めに受けてください」(吉形さん)

[画像のクリックで拡大表示]
(図表提供:吉形玲美氏)

健康寿命延伸に期待の食成分「エクオール」

 さて最後は、「健康寿命獲得の一助として注目されている」というスーパーイソフラボンとも呼ばれるエクオールについて。

 イソフラボンといえば、大豆に含まれる栄養素。大豆には他にもタンパク質、レシチン、オリゴ糖を含む健康食品の優等生。大豆タンパク質には、コレステロールや中性脂肪の低下作用、肥満改善効果がある。大豆レシチンは、脳の老化を予防する効果、大豆オリゴ糖は腸内の調子を整える作用がある。大豆イソフラボンは、植物性の女性ホルモンともいわれ、骨密度の維持や更年期症状の緩和、美肌効果にメタボ予防効果などがある。男性に対しても前立腺がん予防や育毛効果などが注目されているのだ。

 ただしこのような大豆イソフラボンの効果は、腸内でエクオールという物質に代謝されなければ発揮されないことがわかってきた。エクオールが女性ホルモンと似た構造なので女性ホルモンに似た働きをしてくれる。問題は、大豆イソフラボンをエクオールに変える能力(代謝できる腸内細菌)を持つ女性が減っていることなんだとか。

[画像のクリックで拡大表示]
(図表提供:吉形玲美氏)

 「もともと日本人は、欧米人に比べてエクオールを作る能力を持っている人が多く、全体の5割から6割でした。ところが、最近の若い世代では3割程度に減っています。このままだと、今の若い女性たちが更年期を迎える頃には、更年期障害や骨粗鬆症に悩む人が今以上に増えるおそれがあります」と、吉形さんは警告する。

 エクオールの効果には、テレビや雑誌も注目するようになり、さまざまな番組で取り上げられたり、雑誌で特集が組まれたりするようになった。エクオールを体内で作る力があるかどうかは尿検査などで分かるという。

 「だから、エクオール産生能力のある方は、大豆食品の摂取を意識して。仮に産生能がない場合も大豆摂取は身体によいこと。またエクオールのサプリメントを摂取することで、女性に限らず男性も健康寿命を伸ばす助けになることでしょう」と、吉形さんは対処法を示すことで講演をまとめた。

病気に「先制攻撃」を!

 続いての講演では、京都大学医学部附属病院 先制医療・生活習慣病研究センター特定教授・福島光夫氏が登壇。

京都大学医学部附属病院 先制医療・生活習慣病研究センター特定教授・福島光夫氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「これから、日本の人口構成は、難しい局面を迎えることになります」と言って、福島さんは年代別の人口構成図を見せて警告する。

 「1960年にはきれいなピラミッド形をしていたのが、2000年には騎馬戦形に変化、若い人が7人ぐらいで1人の高齢者を支えています。これが2050年になると「おんぶ形、1人で1人の高齢者を支えなければなりません」(福島さん)。

 あくまでも平均の話だから、実際には1人で2人の介護老人を支えるケースも出てくる。まともに仕事をすることもできない。そんな事態を防ぐ手段として注目されているのが『先制医療』。まだ認知度は低いけれども、昨年の医学会総会でも重要なテーマに設定されていた。

 「先制とは、先制攻撃のこと。わかりやすく言えば、病気に先制攻撃を加えるイメージです」(福島さん)

 福島さんは先制医療と予防医療の違いについてこのように解説する。いわゆる予防医療と異なるのは、「個別化」されていること。通常、糖尿病の予防のためには、食事に気をつけましょうとか、体を動かしましょうと言われる。大腸がんの予防なら食物繊維を多くとる。病気ひとつひとつにそれぞれ予防法があり、どの病気にもなりたくないのは誰もが同じ。だからといって、食事制限をして運動を頑張り、食物繊維をとる、禁酒~節酒、禁煙…などと予防策をすべて行うのは大変だ。

 けれども、もし、あなたが特に糖尿病になりやすいことが分かっていたらどうだろうか。例えば遺伝子検査をして、糖尿病になりやすい遺伝子を持っていて、将来発症する危険性が、普通の人より6倍高いと言われたら。少なくとも糖尿病には注意しようと考えるはずだ。

先制医療と予防医療の違い(図表提供:福島光夫氏)
[画像のクリックで拡大表示]

 「生活習慣病については、まずリスクを持っているかどうかがポイントです。遺伝的な要因を持っている人が、病気になりやすい食事をしたり、運動不足だったりすると、いずれ病気を発症する確率が高まります。この場合、症状は出ないけれども、体の中では病態が進行しています。その段階で何らかの医療行為を施すことで、発症を防いだり、発症する時期を可能な限り遅らせるのが先制医療の考え方です」(福島さん)

 先制医療は、認知症にも適用できるという。認知症は脳卒中と並び、高齢者を要介護に陥らせる2大要因。歳を取ることで物忘れが多くなるぐらいは老化現象で、病気ではない。けれども、例えば今日の朝ごはんを食べたこと自体を忘れてしまうというなら認知症による物忘れの可能性が出て、れっきとした病気なのだ。

 認知症はアルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型があり、最も多いのはアルツハイマー型で、全体の5割程度。糖尿病の人は、そうでない人に比べて、1.3倍から2.2倍ぐらいアルツハイマー型認知症の発症率が高まるとのこと。同じく脳血管性の認知症になる確率も、3倍程度にまで高くなるという。

 「アルツハイマー型の認知症が重症化するまでには、10年から20年ぐらいの先行期間があります。ここでも大切なのが先制医療です。タバコをやめる、酒を控える、適度に体を動かすなどの予防対策を施すことで、発症しないようにしたり、発症時期を遅らせることができます」と福島さんは解説する。

注意したい「隠れ糖尿病」

 「糖尿病が疑われる人は、厚生労働省の調査によれば、年々増え続けています。ところが糖尿病と診断されて、治療している人は65%にとどまります。糖尿病になると、平均寿命が男性で10歳、女性なら13歳も縮まるにもかかわらずです」と、またもショッキングなデータを福島さんが突き付けた。

 糖尿病が、それほど深刻に受け止められないのは、病状が急変しないから。けれども、糖尿病はさまざまな合併症を引き起こし、確実に寿命を縮める恐ろしい病気。例えば網膜症で失明したり、末梢神経障害から足壊疽に至って足の切断をやむなくされたり、脳卒中や心筋梗塞なども引き起こす。

 そもそも糖尿病とは、血液中のブドウ糖濃度が適正な範囲を超えて上昇している状態のこと。その原因は、血液中の不要なブドウ糖を筋肉や肝臓などへ取り込む働きをするホルモン「インスリン」の作用が不十分になるため。日本人の場合は、欧米人に比べるとインスリンの分泌が生まれつき少ないために、糖尿病になるケースが多数を占めているというのだ。

 糖尿病の診断は、血液検査で行う。通常は朝食前の、血糖値が一番低くなる早朝空腹時血糖値を測定する。ただし、この検査だけでは、隠れ糖尿病を見落とすリスクがある。早朝の空腹時には血糖値が低いけれども、インスリンの分泌が悪いため食後に血糖値の上がる人がいるのだとか。

 「ぜひ食後血糖値の検査も行ってください。この食後血糖値の高い、いわば『隠れ糖尿病』の人が、意外に多いので注意が必要です」(福島さん)

昔の日本食に戻れば予防できる

 日本では戦後、糖尿病になる人が増えた。その理由は、食生活が大きく変化したからだ。日本人は農耕民族であり、タンパク源としては豆や魚をとっていた。これならインスリンの分泌量が少なくても、血糖値はそれほど上がらない。

 ところが、食生活の欧米化に伴って、動物性の脂肪をたくさん取るようになった。欧米人は日本人と比べてインスリン分泌量が多いため、動物性の脂肪を大量に食べても病気になるリスクは、それほど高まらないという。けれども、本来インスリン分泌量の少ない日本人が、食生活だけ欧米化したために糖尿病が増えたとのこと。

 「日本人に適した糖尿病の予防策は、実はとても簡単で、昔の日本食に戻ればよいのです。例えば、夏ならそうめんや鱧の湯引き、鮎の塩焼きなどを食べていれば十分に美味しいし、糖尿病になるおそれはぐっと低くなります」(福島さん)

[画像のクリックで拡大表示]
福島さんは糖尿病について詳しく解説する

 グリセミック・インデックス(GI)と呼ばれる、食品ごとの食後血糖値の上昇度を示す指標がある。食品にはGIの高いものと低いものがあり、糖尿病を防ぐには低いものを食べればよいと福島さんはアドバイスする。

 例えば、白米は高GIだけれど、玄米は白米より低い。白米同様に高GIの食品としては、うどん、食パンがある。これに対して、「同じパンでも全粒粉を使えばGIが低くなります」(福島さん)。そのほか、高GIなのがじゃがいもや、とうもろこしだ。

 「サラダは体にいいからとポテトサラダを好む人は要注意です。高GIのじゃがいもをすりつぶして、動物性脂肪の高いマヨネーズがたっぷりかかっていますから。同じじゃがいもを使うにしても、すりつぶすのではなく、角切りにしましょう。マッシュポテトのGI値が91なのに対して、角切りのじゃがいもは58まで下がります。ポタージュスープもとうもろこしではなく、グリーンピースにすればGI値を3分の1ぐらいに抑えられます」(福島さん)という。

 食事のときに、野菜を先に食べることも効果的。先にお腹の中に入れた野菜が、白米などの炭水化物の吸収を遅くしてくれる。

 「糖尿病に関しては、まず先制医療を行って発症しないことが大切です。仮に病気になった場合は、栄養療法、運動療法、薬物療法の3つをうまく使いわけること。血糖を自分でコントロールする意識を持ちましょう。自分が日々、どれぐらいのエネルギーを消費しているのか、それに見合うエネルギー補給には、どんな食事が良いのかを計算することです。悲観することなく食事を楽しみながら、血糖値をコントロールするよう心がけてください」と、福島さんは参加者にアドバイスしてくれた。

「ハイメディック京大病院コース」とは?

[画像のクリックで拡大表示]
ハイメディック京大病院について解説するリゾートトラスト執行役員古川哲也氏(右)

プログラムの締めくくりとしてパネルディスカッションが行われました。テーマは、京都に新しく設立された「ハイメディック京大病院コース」について。京都大学医学部附属病院 先制医療・生活習慣病研究センター特定教授・福島光夫氏とリゾートトラスト執行役員の古川哲也氏によるディスカッションが行われました。

新しくできたハイメディック京大病院では、どのような試みが行われるのでしょうか。

古川さん ハイメディックは会員制の医療サービスで、1994年に山中湖で第一号施設がオープンしています。その後、2005年に大阪、2006年に東京大学医学部の病院の中、2013年に六本木ミッドタウン、昨年東京ベイにオープンし、今年は名古屋と京大病院にオープンしています。ハイメディック京大病院は、京都大学の敷地内に建てられた新しい施設で、正式名称は京都大学医学部附属病院 先制医療・生活習慣病予防センター ハイメディック棟です。

最新の設備が導入され、京大病院の先生が検診を担当するわけですね?

古川さん 検診を担当するのは、京大病院の各診療科で外来を担当されている先生方です。具体的には放射線診断科、糖尿病内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病・内分泌・栄養内科、乳腺外科、婦人科の先生方が参加しています。ハイメディックの歴史の中でも、これだけの専門医が常勤で参画するプロジェクトは初めてです。検診用の設備も、時代の最先端を行くものを揃えました。PET/CT、3.0テスラMRI、女性のために乳房用PET、3Dマンモグラフィーなど、いずれも最新鋭のものばかりです。

福島先生、医師の立場から見た、ハイメディック京大病院の特徴をお聞かせください。

福島さん 特徴は3つあります。第一は複数の画像診断結果を多角的にチェックすることです。これによりPETでは見えない病巣を、MRIで見つけられたり、MRIでも引っかからないものがエコーでわかったりするので、がんの早期発見に大きな力を発揮します。第二の特徴は、胃カメラにNBI(Narrow Band Imaging/狭帯域光観察)搭載の最新鋭の内視鏡を導入したこと。胃や食道内のごく微小な病変も検出できるので、生検を大幅に減らせます。第三の特徴は、生活習慣病の検査を念入りに行うこと。骨粗鬆症の検査として骨芽細胞と破骨細胞のマーカーを調べたり、エクオールの産生能力もチェックします。こうしたきめ細かな検診に基き、専門家が診断・アドバイスすることで先制医療につなげます。

画像診断は、複数の設備で行うことが重要だと伺いました。

福島さん 専門家といっても特別な力を持っているわけではありません。仮に乳房に腫瘍が見つかった場合を考えるなら、良性と悪性の間にグレーゾーンが考えられます。PET、MRI、エコーと情報量が増えれば増えるるほど、このグレーゾーンに対してより正確な判断が可能になるのです。

古川さん ハイメディックの会員検査データは生涯にわたって保存され、各施設で共有されます。例えば以前に大阪で検診を受けた方が、京大病院に来られた場合は、過去のデータも参照します。

福島さん データは経年変化を見ることが必要です。仮に糖尿病が疑わしい方で、現時点の数値がグレーゾーンに入っているとしましょう。その場合に重要なのは、以前は正常値だったのがグレーになったのか、それとも以前は病的だった数値がグレーゾーンに下がっているのかによって解釈はまったく異なってきます。画像診断についても同様で、経年変化を見ることで診断の精度が高まります。

最後に福島先生に、明日からでもできる健康寿命を伸ばすためのアドバイスをお願いします。

福島さん 基本は、食事療法、運動療法、薬物療法です。加齢により身体機能は低下しますが、マラソンやトライアスロンなどの過酷なスポーツに挑戦しないかぎり、日常生活には何の支障もありません。だから、現在の身体機能を維持することを心がけてください。この先、機能が低下しそうなのは、どこなのか。自分の体の状態を早めに正確に知った上で、自分に合った予防、つまり先制医療に取り組む。先制医療により、一人でも多くの人が、少しでも健康寿命を伸ばしてくれることを望みます。

(写真:菅野勝男)
(協力=リゾートトラスト)