日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 早期検診でがんや糖尿病、認知症に先制パンチを!  > 5ページ
印刷

Gooday 通信

早期検診でがんや糖尿病、認知症に先制パンチを!

「生活習慣から健康寿命を科学する」と題して京都で講演会

 竹林篤実=ライター

注意したい「隠れ糖尿病」

 「糖尿病が疑われる人は、厚生労働省の調査によれば、年々増え続けています。ところが糖尿病と診断されて、治療している人は65%にとどまります。糖尿病になると、平均寿命が男性で10歳、女性なら13歳も縮まるにもかかわらずです」と、またもショッキングなデータを福島さんが突き付けた。

 糖尿病が、それほど深刻に受け止められないのは、病状が急変しないから。けれども、糖尿病はさまざまな合併症を引き起こし、確実に寿命を縮める恐ろしい病気。例えば網膜症で失明したり、末梢神経障害から足壊疽に至って足の切断をやむなくされたり、脳卒中や心筋梗塞なども引き起こす。

 そもそも糖尿病とは、血液中のブドウ糖濃度が適正な範囲を超えて上昇している状態のこと。その原因は、血液中の不要なブドウ糖を筋肉や肝臓などへ取り込む働きをするホルモン「インスリン」の作用が不十分になるため。日本人の場合は、欧米人に比べるとインスリンの分泌が生まれつき少ないために、糖尿病になるケースが多数を占めているというのだ。

 糖尿病の診断は、血液検査で行う。通常は朝食前の、血糖値が一番低くなる早朝空腹時血糖値を測定する。ただし、この検査だけでは、隠れ糖尿病を見落とすリスクがある。早朝の空腹時には血糖値が低いけれども、インスリンの分泌が悪いため食後に血糖値の上がる人がいるのだとか。

 「ぜひ食後血糖値の検査も行ってください。この食後血糖値の高い、いわば『隠れ糖尿病』の人が、意外に多いので注意が必要です」(福島さん)

昔の日本食に戻れば予防できる

 日本では戦後、糖尿病になる人が増えた。その理由は、食生活が大きく変化したからだ。日本人は農耕民族であり、タンパク源としては豆や魚をとっていた。これならインスリンの分泌量が少なくても、血糖値はそれほど上がらない。

 ところが、食生活の欧米化に伴って、動物性の脂肪をたくさん取るようになった。欧米人は日本人と比べてインスリン分泌量が多いため、動物性の脂肪を大量に食べても病気になるリスクは、それほど高まらないという。けれども、本来インスリン分泌量の少ない日本人が、食生活だけ欧米化したために糖尿病が増えたとのこと。

 「日本人に適した糖尿病の予防策は、実はとても簡単で、昔の日本食に戻ればよいのです。例えば、夏ならそうめんや鱧の湯引き、鮎の塩焼きなどを食べていれば十分に美味しいし、糖尿病になるおそれはぐっと低くなります」(福島さん)

[画像のクリックで拡大表示]
福島さんは糖尿病について詳しく解説する

 グリセミック・インデックス(GI)と呼ばれる、食品ごとの食後血糖値の上昇度を示す指標がある。食品にはGIの高いものと低いものがあり、糖尿病を防ぐには低いものを食べればよいと福島さんはアドバイスする。

 例えば、白米は高GIだけれど、玄米は白米より低い。白米同様に高GIの食品としては、うどん、食パンがある。これに対して、「同じパンでも全粒粉を使えばGIが低くなります」(福島さん)。そのほか、高GIなのがじゃがいもや、とうもろこしだ。

 「サラダは体にいいからとポテトサラダを好む人は要注意です。高GIのじゃがいもをすりつぶして、動物性脂肪の高いマヨネーズがたっぷりかかっていますから。同じじゃがいもを使うにしても、すりつぶすのではなく、角切りにしましょう。マッシュポテトのGI値が91なのに対して、角切りのじゃがいもは58まで下がります。ポタージュスープもとうもろこしではなく、グリーンピースにすればGI値を3分の1ぐらいに抑えられます」(福島さん)という。

 食事のときに、野菜を先に食べることも効果的。先にお腹の中に入れた野菜が、白米などの炭水化物の吸収を遅くしてくれる。

 「糖尿病に関しては、まず先制医療を行って発症しないことが大切です。仮に病気になった場合は、栄養療法、運動療法、薬物療法の3つをうまく使いわけること。血糖を自分でコントロールする意識を持ちましょう。自分が日々、どれぐらいのエネルギーを消費しているのか、それに見合うエネルギー補給には、どんな食事が良いのかを計算することです。悲観することなく食事を楽しみながら、血糖値をコントロールするよう心がけてください」と、福島さんは参加者にアドバイスしてくれた。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.