日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 早期検診でがんや糖尿病、認知症に先制パンチを!  > 3ページ
印刷

Gooday 通信

早期検診でがんや糖尿病、認知症に先制パンチを!

「生活習慣から健康寿命を科学する」と題して京都で講演会

 竹林篤実=ライター

健康寿命延伸に期待の食成分「エクオール」

 さて最後は、「健康寿命獲得の一助として注目されている」というスーパーイソフラボンとも呼ばれるエクオールについて。

 イソフラボンといえば、大豆に含まれる栄養素。大豆には他にもタンパク質、レシチン、オリゴ糖を含む健康食品の優等生。大豆タンパク質には、コレステロールや中性脂肪の低下作用、肥満改善効果がある。大豆レシチンは、脳の老化を予防する効果、大豆オリゴ糖は腸内の調子を整える作用がある。大豆イソフラボンは、植物性の女性ホルモンともいわれ、骨密度の維持や更年期症状の緩和、美肌効果にメタボ予防効果などがある。男性に対しても前立腺がん予防や育毛効果などが注目されているのだ。

 ただしこのような大豆イソフラボンの効果は、腸内でエクオールという物質に代謝されなければ発揮されないことがわかってきた。エクオールが女性ホルモンと似た構造なので女性ホルモンに似た働きをしてくれる。問題は、大豆イソフラボンをエクオールに変える能力(代謝できる腸内細菌)を持つ女性が減っていることなんだとか。

[画像のクリックで拡大表示]
(図表提供:吉形玲美氏)

 「もともと日本人は、欧米人に比べてエクオールを作る能力を持っている人が多く、全体の5割から6割でした。ところが、最近の若い世代では3割程度に減っています。このままだと、今の若い女性たちが更年期を迎える頃には、更年期障害や骨粗鬆症に悩む人が今以上に増えるおそれがあります」と、吉形さんは警告する。

 エクオールの効果には、テレビや雑誌も注目するようになり、さまざまな番組で取り上げられたり、雑誌で特集が組まれたりするようになった。エクオールを体内で作る力があるかどうかは尿検査などで分かるという。

 「だから、エクオール産生能力のある方は、大豆食品の摂取を意識して。仮に産生能がない場合も大豆摂取は身体によいこと。またエクオールのサプリメントを摂取することで、女性に限らず男性も健康寿命を伸ばす助けになることでしょう」と、吉形さんは対処法を示すことで講演をまとめた。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.