日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 2015年8月 Goodayアクセスランキング
印刷

Gooday 通信

2015年8月 Goodayアクセスランキング

1位はオトナが好むコーヒーの話題!

 中西奈美=日経Gooday

 「日経Gooday」8月のアクセスランキングtop20をお届けします。8月の上旬は記録的な猛暑日が続き、まさに夏本番といった感じでしたが、下旬は場所によってはかなり涼しく、肌寒さを感じた日もありました。ランキングには、夏と関わりが深い記事が多く登場しました。

2015年8月 Goodayアクセスランキング 1-10位

【1位】 コーヒーは結局、カラダに良い? 悪い?

 全日本コーヒー協会が発表したデータ(出所:ICO統計/2014年7月)によると、日本はコーヒー消費量が世界で第3位に入る、「コーヒー愛好国」の1つなのだそうです。 そこで気になるのが、コーヒーが健康に及ぼす影響。その“うわさ”の真相は、どうなっているのでしょうか。


【2位】 飲酒中の「薄色おしっこ」は良い? 悪い?

 お酒を飲むほどに近くなるのが、あの生理現象…。そう、おしっこ。実は、ほとんど意識を向けることがない「色」「量」、そして「回数」には、お酒を飲むときには知っておいた方がいい、大切なサインが隠れていることがあるのです。


【3位】 男性ホルモンはこうすればガンガン出る!

 年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若い頃のままの外見・体力・健康を保てるものではありません。それを防ぐにはどうすればいいのでしょう…。男性ホルモン「テストステロン」の値を高いままキープする方法とは?


【4位】 猛暑で扇風機を使うと熱中症になりやすいって本当?

 「外気温が体温に近く、湿度が高いときは、扇風機は使わないほうがよい。かえって熱中症になりやすくなる」という話を聞いたことがありませんか。不快指数が高い時に扇風機を使用することは、本当に体に悪いのでしょうか。このテーマに関する興味深い実験結果をご紹介します。


【5位】 冷たいビールは熱中症予防になる?

 今シーズンは熱中症予防に関する記事が大変読まれました。5位は、昭和大学病院救命救急センター長の三宅康史さんに聞いた、熱中症予防のポイントをQ&AにしたGoodayクイズ。さて、上のタイトルにある設問の答えはイエス? ノー?


【6位】 意外に知らない!オリーブオイルに関する8つの誤解

 ヘルシーなオイルの先駆けとして、いまや日本人の食卓にも欠かせない存在となった、オリーブオイル。しかし、消費者を対象に意識調査をしたところ、その選び方や使い方に間違った認識を持つ人が意外に多いことが分かりました。アンケート結果を元に、ありがちな誤解を浮かび上がらせるとともに、オリーブオイルを効果的かつ美味しく食べるための正しい知識と活用法を紹介します。


【7位】 疲れやすい、めまい、頭痛、ウツウツ…その原因は貧血、低血圧かも

 血液は体に必要な栄養、酸素、熱などをくまなく運ぶ、生命活動に欠かせないもの。そこにトラブルがあると、体に不調をもたらします。その代表が、貧血と低血圧。似ている症状もあり、混同しやすいこの2つ。記事を読んで学びましょう。


【8位】 夏バテ? なんだか性欲がなくなった…

 メンタルの問題として放っておきがちな精力減退ですが、特に中高年の男性では、「肉体の異常を示す重大なサインが隠れていることもある」のだそうです。具体的な原因としては、糖尿病などの代謝性疾患、LOH(加齢男性性腺機能低下)症候群などが考えられ、それぞれの原因ごとに対処する必要があります。


【9位】 間違いだらけ! 蚊に刺されたときの対処法

 性別や血液型、体温の高さなど、諸説いわれる「蚊に刺されやすさ」。調査結果によると、「汗をかいたとき・汗で肌がべたついているとき」と答える人が最多でした。蚊に刺された時の対処法や、蚊に刺されないための予防法などについても聞いています。


【10位】 安眠体質に変わる!体内リズムを整える10のコツ

 日中の疲れを癒そうにも、蒸し暑い夏の夜は寝苦しいのがネック。安眠のためのテクニックを紹介する3回シリーズの最終回では、睡眠・覚醒のメカニズムを知って体内時計を整える方法について解説しています。


2015年8月 Goodayアクセスランキング 11-20位

【11位】 蚊に刺された…プロが教える市販薬の正しい選び方

【12位】 14万人調査で判明! 病気にならないための「飲酒ルール」

【13位】 「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
              【ジャパネット・髙田明さん】

【14位】 暑苦しい夜…熟睡へ誘う「快眠空間づくりの4原則」

【15位】 炭酸水は身体に良い? 悪い? 5つの疑問に答える

【16位】 世界初、失われた陰茎が移植で回復

【17位】 体臭で何の病気かがわかるの!?

【18位】 “ぽっこりお腹”が有利!? 夏本番までにお腹を凹ませる方法

【19位】 暑苦しい寝床を快適空間に変える夏の快眠術

【20位】 性行為で広がる欧米型のB型肝炎に要注意

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.