日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > どれだけ知ってる? 頑固な疲れ&夏バテ対策のウソ・ホント  > 2ページ
印刷

Gooday 通信

どれだけ知ってる? 頑固な疲れ&夏バテ対策のウソ・ホント

疲れを制すには、まず正しい知識を得ることから

【1】デスクワークの疲れと運動の疲れは同じ

(©PaylessImages 123-rf)
ホント

 長時間ジョギングをしたり、暑い中、営業で走り回ったり、四六時中座りっぱなしでデスク作業をするなどして「疲れた」と感じたとき、体の中のどこが最も疲れているか、考えたことはあるでしょうか。

 「デスクワークだと脳だろうけど、運動の後なら、そりゃ筋肉でしょう」など、運動の場合とデスクワークの場合では疲れる部位は違うという意見が大半を占めそうですが、実は、両者の疲れは同じで、どちらも「脳」の疲れだ、と東京疲労・睡眠クリニックの院長・梶本修身さんは話します。

 デスクワークが脳の疲れというのは理解できるとしても、運動による疲れが、筋肉ではなくて脳の疲れとは、一体どういうことなのでしょうか。答えはこの記事にあるのでどうぞご覧ください。

明らかになった疲労の正体!肉体疲労と頭の疲労は同じだった

【2】「睡眠」は疲労回復の唯一の方法といっても過言ではない

ホント

 疲れると体内で「ファティーグ・ファクター(Fatigue Factor)」と呼ばれるタンパク質(疲労因子FF)が増えます。それが増えて脳から「休め」というアラームが出ると、疲労因子FFに対応する「ファティーグ・リカバー・ファクター(Fatigue Recover Factor)」(疲労回復因子FR)が発生し、酸化された細胞の修復を始めます。

  日中、活動を続けているときは疲労因子FFが出続けるため、疲労回復因子FRの修復が追いつきません。一方、夜間の睡眠中は、脳も自律神経も働きが抑えられるため、疲労回復因子FRによる修復が損傷を上回り、疲労が回復できます。

 したがって、疲れを感じたときは、睡眠をとることが大事であり、逆に、睡眠不足が慢性化すると、疲労が残って蓄積していくことになると考えられています。より詳しくはこちらの記事をご覧ください。

明らかになった疲労の正体!肉体疲労と頭の疲労は同じだった

【3】疲れの元凶ともいえる「いびき」、解消するコツは「仰向けで寝る」ことだ

ウソ

 いびきを解消するコツは「横を向いて寝ること」です。仰向きに比べて舌の落ち込みを防ぐため、4~5割程度、いびきが軽減するそうです。いびきが睡眠へ与える影響について詳しくは下記の記事をご覧ください。

寝てもとれない疲れの原因は「いびき」だった!その疲れの解消法は?

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.