日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 濃すぎる、薄すぎる、出にくい、出過ぎる…「おしっこ」にまつわるお悩み、すっきり解決!
印刷

Gooday 通信

濃すぎる、薄すぎる、出にくい、出過ぎる…「おしっこ」にまつわるお悩み、すっきり解決!

尿の色や出方がおかしい?と思ったら、この記事をチェック

 色が濃くても薄くても、出にくくても出過ぎても心配になるのが「おしっこ」。特に夏休みは、旅行や野外でのスポーツなど、普段と違う生活をする中で「これって大丈夫?」と心配になる場面が多くなります。

 そこで今回は、おしっこにまつわる様々な悩みや疑問に答える記事をピックアップしました。

「薄い色の尿なら脱水の心配はない」はウソ

 暑い夏、汗をたくさんかいた後に濃い色の尿が出るのは、誰もが経験しているところでしょう。これは、私たちの体に、体液の塩分量を一定に保つ仕組みがあるためです。汗で失われた水分を、尿の量を減らすことで補うため、尿の色が濃くなります。つまり、濃い色の尿は、体内の水分量が少なくなっている「脱水」のサインなのです。

 ならば、尿の色が薄ければ脱水の心配はないのかというと、答えはNo。特に、飲酒中の「薄色おしっこ」には注意が必要で、「白く半透明に近い色のまま、尿の量が減ってきたら、脱水気味になりつつある恐れがあります」と、慶應義塾大学病院血液浄化・透析センター長で教授の林松彦医師は話します。いったいどうして? 答えは、この記事に!

飲酒中の「薄色おしっこ」は良い? 悪い?

 ところで、おしっこは黄色、便は茶色ですが、この色はどちらも「血液」に由来しています。赤い血液からどのように黄色や茶色が作られるのかが気になったら、以下の記事をクリック!

おしっこの色はなぜ黄色いの?

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.