日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > Gooday 通信  > 今日は「山の日」! 山歩きで心もカラダも健康になれるワケ
印刷

Gooday 通信

今日は「山の日」! 山歩きで心もカラダも健康になれるワケ

 日経Gooday編集部

 今日、8月11日は「山の日」。2016年から新たに定められた国民の祝日です。内閣府によると、山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」。ということで、Goodayで過去にご紹介した、「山で健康になる記事」をご紹介します!

思ったほどつらくない! ゆったり「トレイルランニング」

(©maridav -123rf)

 まずは、元マラソンメダリストの有森裕子さんによるトレイルランニングのススメ。「トレラン」と聞くと、「ランニング上級者向け」「過酷」というイメージを持っている人も多いと思いますが、意外や意外、有森さんによると、足や体の疲れをほぐす「積極的休養」としておススメなのだそうです。

 木立の中で、柔らかい土の上をリラックスしながら走ることで、体全体がほぐれ、自然の凹凸のある地面でバランス感覚も養われるのだとか。ポイントは、勾配のゆるやかな山を選んで、ゆっくりと走ること。ひんやり爽やかな空気に包まれる夏山に、森林浴を兼ねて、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 有森さんが現役時代に体験したまさかの遭難エピソードも併せて、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

山登りをすればダイエット効果もバッチリ!

(©Petar Paunchev -123rf)

 次は、登山はなぜカラダにいいの? どうすれば疲れない?など、「初めての山登り」のイロハをご紹介した、こちらの特集。答えてくれたのは、プロスキーヤーであり、登山のスペシャリストでもある三浦豪太さんです。

 まずは「山登りの効用」。豪太さんいわく、「運動量、行動時間を考えると、山登りは最もエネルギーの消費が激しい有酸素運動」なのだそうです。約100mの標高差を登っただけで、横に約3km移動したのと同じぐらいの運動量に匹敵するというのだから、ダイエット効果もバッチリ

 それだけ激しい運動となると、素人にはつらそうですが、意外にも、「体力がない人でもきちんとした計画を立ててゆっくり登れば、必ず頂上にたどり着く」のだそうです。むしろ問題となるのは、下り。続きは以下の記事をご覧ください。

◆教えて豪太さん! 山登りをすれば健康になれるの?
第1回 筋肉の老化予防には「下り」の運動が最適だった!

「登山はきつい、もういいや…」で終わらないための秘訣

 次に伝授していただいたのは、「疲れない山登りのコツ」

 初心者が張り切りすぎた結果、「登山はきつい、もういいや…」で終わらないための秘訣は、「最初の30分に速く登り過ぎないこと」。50分間継続して歩けないようだったら、そのペースは自分にとって速すぎるという合図なのだそうです。

 「『ペチャクチャと会話ができる』速度がその人の体力レベルに合ったスピードだと思ってください」(豪太さん)。では、休憩は何分に1回がいいのでしょう。登りよりも難しいと言われる下りを無理なくこなすための注意事項は? 登山前や登山中の食事・水分補給はどのようにすればいいの?

 以下の記事で、初心者ならではの疑問をたくさんぶつけてみました。

◆豪太さん、疲れない山登りのコツを教えてください!
第2回 ゆっくり歩いてたまに休む「カメ戦法」なら誰でも山頂に!

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.