日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Gooday 通信  > 専門医が明かす、ありふれた病気・症状の意外な原因
印刷

Gooday 通信

専門医が明かす、ありふれた病気・症状の意外な原因

腰痛、頭痛、肩こり、便秘は「こんな原因」もチェック!

 誰もが一度はかかるような、ありふれた病気や症状なのに、すっきり治らない。何度もぶり返す。そんな悩みはないでしょうか。

 この記事では、様々な病気について専門医が分かりやすく解説する、マイドクター会員限定の記事「専門医に聞く」の中から、ありふれた病気だからこそ見落とされたり、軽視されがちな、意外な原因とその対処法を紹介していきます。

腰痛◆画像に映らない「機能の異常」が見落とされる!

 厚生労働省の国民生活基礎調査によると、腰痛患者は約2800万人。多くの日本人が抱える身体の悩みでありながら、長年通院しても、手術をしても治らず、救いを求めてさまよう「腰痛難民」となっているケースも少なくないといいます。

 この事態の背景にあるのが、腰痛の原因が正しく診断されていないこと。整形外科では通常、腰痛を訴える患者に対し、レントゲンやMRIなどの画像診断を行います。ところが、整形外科領域の難治性疼痛治療を手掛ける望クリニック(東京都豊島区)院長の住田憲是医師によると、「画像に映る『異常』と、患者さんの感じる症状が一致していないことも多々ある」というのです。

 その結果、「例えば手術で脊柱管の狭窄やヘルニアなどによる圧迫を取り除いても、痛みやしびれは良くならないといったことは珍しくありません」と住田医師。腰痛など整形外科領域の痛みは、画像には映らない「関節機能障害」が原因となっていることが多いと話します。

[画像のクリックで拡大表示]

 腰痛の原因として特に多いのが、骨盤の仙腸関節。骨盤の中央にある仙骨と、その左右にある腸骨を結ぶ関節で、左右に1つずつあります。この関節は、動きが1~3mmと非常に少ないのに加え、上半身の重さが加わり続けます。そのため、構造上どうしても関節の中で引っかかったようになりやすく、動きが悪くなるといった機能障害を起こしやすいそうです。

 仙腸関節が機能障害を起こした場合、痛みやしびれが表れるのは腰だけではありません。頭や頸、肩、手足などに「関連痛」を生じるのです。関連痛とは、機能障害がある部位とは離れた場所に痛みが表れる現象。痛む部位には原因がないため、治療が特に難しいといわれています。

 関節機能障害による痛みの特徴は、症状の強さが日によって変化したり、痛みの部位が移動すること。治りにくい腰痛にお悩みの方は、一度、関節の機能評価を受けてみてはいかがでしょうか。

 仙腸関節の構造や、仙腸関節に起因する腰痛などの関連痛については、以下の記事をご覧ください。

 腰痛の原因の多くは「関節機能障害」

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.