日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 救急搬送者が続出! 梅雨明け前後の熱中症はこう防ぐ
印刷

Gooday 通信

救急搬送者が続出! 梅雨明け前後の熱中症はこう防ぐ

 7月に入り、早くも全国的に厳しい暑さが到来しています。急な暑さで体調を崩してしまった、寝苦しくてつらい…。そんな皆さんの悩みに応えるべく、日経Goodayのお役立ち記事を厳選してまとめました。熱中症で救急搬送される人も続出しています。様々な工夫で、この暑さを乗り切りましょう!

熱中症

(© Rafael Ben-Ari -123rf)

 多くの地方ではまだ梅雨明け前。実は、体が暑さに慣れていないこの時期の猛暑は、熱中症につながるリスクが高いそうです。

 熱中症でよくあるのは、炎天下にいる人が急に倒れるパターンですが、中には、夜になってから屋内で不調が出現することもあるので要注意です。熱中症対策の基本は、以下の記事をご覧ください。

◆季節の病気を上手に防ぐ
梅雨明け直後の猛暑が危険! 倒れる前の熱中症対策

 有料会員向け「専門医に聞く」でも、熱中症を特集しています。熱中症を予防するためには普段から積極的に塩分をとった方がいいの? 一見元気な人に潜む「隠れ脱水」に気づく6つのポイントとは?―など、実践的な情報が満載です。1ページ目はどなたでもご覧になれますのでぜひチェックしてみてください。

◆専門医に聞く
熱中症予防に塩分補給は必要?

熱中症の背後に潜む「脱水症」のサインを見逃すな!

熱中症対策に必携!「経口補水液」で脱水からスピード回復

 そのほか、熱中症に関する情報は盛りだくさん。以下の記事も参考にしてみてください。

◆話題の論文 拾い読み!
猛暑で扇風機を使うと熱中症になりやすいって本当?

◆Goodayクイズ
冷たいビールは熱中症予防になる?

◆1日1問カラダ検定
熱中症の人への適切な対応は?

◆スゴイカラダ
最もコストのかからない暑さ対策は何?

◆知ってトクする栄養学
熱中症予防のために知っておきたい「水」と「汗」の秘密 New!

快眠

(© monticello -123rf)

 気温の上昇につれて悩ましくなるのが、夜の寝苦しさではないでしょうか。体調を維持するためにも、夜は熟睡したい…。そこでご紹介するのが、快眠のための空間づくりや体内リズムの整え方、そして暑い夜でもよく眠れる寝具・寝間着の選び方です。

◆真夏の夜の快眠術
暑苦しい夜…熟睡へ誘う「快眠空間づくりの4原則」

暑い夜でもよく眠れる寝具・寝間着の選び方

安眠体質に変わる!体内リズムを整える10のコツ

◆ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル
暑苦しい寝床を快適空間に変える夏の快眠術

夏バテ

(©tomwang -123rf)

 熱中症は今のところ回避できているが、早くも夏バテ気味でつらい…。そんなあなたには以下の記事もおすすめです!ちなみにこの夏の「土用の丑の日」は7月30日です。

◆立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」
鰻は身体に良いのか悪いのか

◆幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方
夏バテ・熱中症に効く漢方

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.