日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > Gooday 通信  > 榎木孝明の不食で注目の「断食」、ダイエットへの効果はナシ?
印刷

Gooday 通信

榎木孝明の不食で注目の「断食」、ダイエットへの効果はナシ?

断食ダイエットはリバウンド&代謝低下の恐れが!

 俳優の榎木孝明さんが1カ月間、飲み物以外は摂取しない「不食」を行い、世間の注目を集めました。

 テレビやネットの報道によると、榎木さんは病院に泊まりこみ、専門家の指導を仰ぎながら不食生活を送ったそうです。

 榎木さん自身「食べないことを推奨するものではない」と強調していますが、そもそも1カ月もの間、何も食べずに病院に泊まり続けること自体、仕事や家庭生活を送る一般の人にはまず不可能です。ただ、従来から「断食」「ファスティング」などが注目を集める中、今回のトピックを機に、改めて断食に興味を持った方は多いのではないでしょうか。そこで、断食の効果などについて調べてみました。

「断食」の効果って?

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

朝食抜きが、朝の“時差ボケ”を招く

 まずご紹介したいのがこの記事。「断食」は一部の人が行う特別なことではなく、実は誰もが日常的に行っていることだって、みなさんご存知でしたか?

 「夕食から朝食までの間は基本的にものを食べないので、朝食は1日の中で最も長い絶食の後にとる食事になります。英語で朝食を表すブレックファスト(breakfast)も、断食(fast)を破る(break)という意味。まさしく絶食明けの食事です」と話すのは、早稲田大学先進理工学部生理・薬理学研究室の柴田重信教授。柴田教授によると、朝食によってインスリンが増え、それによって体内時計が新たな1日を刻み始めるため、朝食抜きは、午前中ボーッとする、眠気が取れないなどの“時差ボケ”、ひいては不眠などにつながるのだそうです。なるほど、寝ている間の“断食タイム”は私たちの体にとって大切なものなんですね。

世界の健康 早耳ダイジェスト

【ドイツ発】“肉とビールの国”で「プチ断食」ブームの兆し

 そして世界を見渡すと…。今ドイツでは、「断食」と言っても「全く飲まず食わず」ではなく、野菜とフルーツはOKといった「プチ断食」をする人が増えているのだそうです。「体が軽くなった」「頭痛がなくなった」「断食後は何を食べてもおいしい」など体への好影響が口コミとなって高学歴層や中高年層を中心に広がっているとのこと。期間中はジュースやフルーツはいつでも自由にとれるなどの“緩さ”を持たせていて、つらい空腹感などを抱かずにやれるのがドイツ流の特徴だそうです。

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

断食って、ダイエットに効果はあるの?

 断食は米国でも流行し、ダイエット目的で実施する人も多いようですが、では、断食にダイエット効果はどれほど期待できるのでしょうか。これついて英国、米国の専門家の情報を参考に調べた医学博士の大西睦子さんは、「結論から言うと、多くの医療の専門家は、断食が減量の良い方法ではないと考えている」と言います。体の水分が一時的に減るだけで、すぐにリバウンドするのに加え、断食によって代謝が低下し、より太りやすくなる可能性があることが指摘されているのだそう。

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

食事制限すると、お腹が凹まない!?

 極端な食事制限が代謝の低下につながることは、卓球の福原愛選手やテニスのクルム伊達公子選手を指導したパーソナルトレーナーの第一人者、中野ジェームズ修一さんも指摘しています。中野さんいわく、「日々の基礎代謝量をアップして太りにくい体を作るためには筋肉量を増やすことが重要」、そして、「(極端なカロリー制限や断食といった)間違った食事制限をすると筋肉量が減ってしまい、その結果として基礎代謝量が落ち、リバウンドしてしまう」とのこと。少なくともダイエット目的で断食を考えている方は、考え直したほうがよいかもしれませんね。


日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.