日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > Gooday 通信  > 知らないうちに…塩分摂りすぎになっていませんか?
印刷

Gooday 通信

知らないうちに…塩分摂りすぎになっていませんか?

日経Gooday「塩分」関連記事まとめ

 中西奈美=日経Gooday

 米国ニューヨーク市は、今年の12月から飲食店に対して、メニューにナトリウム含有量の表示を義務付ける方針を固めました。さらに、1日の推奨制限であるナトリウム2300mg(食塩5.8gに相当)を超過するメニューには、警告表示を義務付けるとのこと。生活習慣病対策の一環として、これらの義務化が検討されてきました(*1)。

 塩分は、高血圧を引き起こす原因の一つとして知られています。国際的な疫学調査でも塩分摂取量に血圧の上昇が関係していることが分かっています(*2)。

 日経Goodayでは、塩分の取り方について解説する記事を数多く取り上げてきました。改めて塩分の作用について知りたい方、塩分摂取量について考えたい方は必読です。

塩分過多はなぜ悪い?/減塩のヒント

塩分は控えめに…ってどれくらい?/医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

塩分は控えめに…ってどれくらい?

 論文を参考に、ベストな塩分摂取量について考察しています。私たちの生活でどのくらい食塩を取っているか把握するのは難しいもの。それだけに、「できるだけ自分でまたは家庭で調理することと、新鮮な野菜を通じてカリウムの摂取に努めることが、結果的に『塩分を控えめ』にすることが大事」と締めくくっています。

塩分を控えれば高血圧にならない…わけではない/その異常値、戻しましょう!~ STOP・メタボの12ステップ~

その異常値、戻しましょう!~ STOP・メタボの12ステップ~

塩分を控えれば高血圧にならない…わけではない

 食塩の過剰摂取と肥満が、高血圧を引き起こすメカニズムについて解説しています。特に、一汁三菜を基本とする日本料理・和食は大豆製品や食物繊維の多さが評価される一方で、塩分量が多くなる傾向があるといいます。

ヒトは食べたパンからできている/その異常値、戻しましょう!~ STOP・メタボの12ステップ~
ヒトは食べたパンからできている

 摂取カロリーに関する解説の中で、神奈川県立保健福祉大学学長で日本栄養士会名誉会長の中村丁次氏が推奨する「メタボな人・肥満の人の食生活改善の10カ条」を紹介しています。減塩もその一つ。さらに、塩分摂取量を減らすための工夫について具体例を挙げています。

熱中症予防には塩分補給が重要

熱中症、4人に1人が「家の中で」/トピックス

 ただし、これからの時期は熱中症も侮れません。かいた汗で失われた水分と塩分(ナトリウム)を、きちんと補給するといった対策も忘れないようにしましょう。

トピックス

熱中症、4人に1人が「家の中で」


*1 日経経済新聞 電子版「NY市、塩分過多に警告表示 飲食店に義務付けへ 」
*2 Intersalt Cooperative Research Group: Intersalt: an international study of electrolyte excretion and blood pressure. Result for 24 hour urinary sodium and potassium excretion. BMJ 297:319-328, 1988

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.