日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 米国で使用禁止になる「トランス脂肪酸」
印刷

Gooday 通信

米国で使用禁止になる「トランス脂肪酸」

日経Gooday「トランス脂肪酸」関連記事まとめ

 稲川 哲浩=日経Gooday

 米国において、一部の菓子類やマーガリン、揚げ物などに含まれ、心臓疾患のリスクを高めるとされる「トランス脂肪酸」の原因となる油の使用が禁止されることになりました。トランス脂肪酸は、悪玉とされる血中のLDLコレステロール値を上昇させて動脈硬化の原因となり、その結果として心臓病のリスクを高めるとされています。そのため、米食品医薬品局(FDA)は6月16日に、3年間の猶予期間を経た2018年6月以降は、食品への添加を原則認めないという方針を発表したのです。FDAは今回の決定によって、「致命的な心臓病を年に数千件減らせる」としています。

 2006年から食品への含有量表示を義務づけていた米国とは異なり、日本では大多数の人のトランス脂肪酸摂取量が世界保健機関(WHO)の勧告(目標)基準である総エネルギー比1%未満を下回っているとされ、特に規制はされていません。山崎製パンや神戸屋など、一部の食品メーカーはホームページなどを通じて自社製品の含有量を情報提供していますが、今回の決定を受けて、多くの食品・外食企業が含有量削減や情報開示などの対応を進めることになりそうです。

 日経Goodayでも、これまで以下のコラムで、トランス脂肪酸の摂取に対する警鐘を鳴らしてきました。トランス脂肪酸について知りたい方や、脂肪肝やメタボリック症候群でお悩みの方は、以下の関連コラムを是非お読みになってください。

マーガリンや菓子などに含まれるトランス脂肪酸の使用が米国で禁止に。(©Jean-Paul CHASSENET - 123rf)

知ってトクする栄養学

流行り廃りの激しい油、何をとればいい?



その異常値、戻しましょう!~ STOP・メタボの12ステップ~

脂肪肝を食事で改善するための7原則

「脱コレステロール・中性脂肪」への道



知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

悪玉コレステロール値が高いのは、お酒を飲み過ぎたから?



【特集】 「言い訳」から読み解く、ダイエット成功のコツ

言い訳…その1「一生懸命やっているのにやせない」

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.