日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 今、知りたい! 飲み物と健康の話
印刷

Gooday 通信

今、知りたい! 飲み物と健康の話

Goodayおすすめ!「飲み物」関連の記事

 中西奈美=日経Gooday

 明日から6月。だんだんと不快指数が高まり、冷たい飲み物に手が伸びる季節になってきました。今回は、飲み物が健康に与える影響についてまとめた記事を紹介します。

人気が続く「スムージー」

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ/スムージーってヘルシー? それとも不健康?

◆医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ
スムージーってヘルシー? それとも不健康?

 スムージーというと「グリーンスムージー」に代表されるように、健康に良いイメージがあるかもしれませんが、レシピによっては健康に良くないものもあり、実にさまざまです。

 家庭で手作りするような、新鮮な野菜や果物を使用したスムージーはとてもヘルシーですが、カフェなどで手軽に買えるフルーツジュース、アイスクリーム、チョコレートやシャーベットなどを含むスムージーは、糖分や脂質が高く含まれていて、毎日摂取するのは健康に良くありません。ですので、スムージーは、素材やレシピ次第で、ヘルシーとも不健康とも言える食品なのです。

 「健康的なスムージーを作るなら、新鮮な果物や野菜を使うことです」(医学博士 大西睦子さん)

女性のための「医療・健康」の話/人気のスムージー、効果的に摂取するには?

◆女性のための「医療・健康」の話
人気のスムージー、効果的に摂取するには?

 抗酸化作用、デトックス、免疫力のアップといったキーワードで大人気のスムージー。ビタミン類や食物繊維、ミネラルなど不足しがちな栄養素を補えるのが魅力。

 スムージーは薬ではないので、即効性があるわけではありません。「大切なのは毎日摂ること。“お通じがよくなってきたな”とか、“風邪を引きにくくなったな”といった体調の変化を実感し、キープするためには最低2~3カ月は続けることがお薦めです。習慣化することで免疫力のアップにもつながります」とAACクリニック銀座の院長、浜中聡子先生。

 朝食は、午前中ではなく午後からのエネルギーチャージとなる食物です。そのため、朝食でビタミン類が豊富で抗酸化作用のあるスムージーを摂ることは、とても効果的なのです。「朝、必要な栄養素を摂りためておくと、昼、夜の食事バランスが多少崩れても余裕が持てます」と浜中先生。

 ただ面倒だからといって、前日などに作り置きをするのはNG。生の野菜や果物を使うスムージーは、時間が経つと酸化が進んで栄養価が下がるため、「作ったらすぐ飲む」のが鉄則。少しでも時間をおく場合は、ラップをして直接空気に触れないようにしましょう。

健康的なイメージが強い「牛乳」

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ/牛乳は身体に良いのか悪いのか?

◆医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ
牛乳は身体に良いのか悪いのか?

 こんなに人類と長いお付き合いの牛乳ですが、最近は体に良い、悪いなど、いろいろな情報が流れています。何と言っても、牛乳の消費量の多い米国では、特に議論がさかんといいます。

 「結局のところ、牛乳を何杯飲むべきかという質問に対しては、専門家でも意見が分かれるのが現状です。また国によって牛の飼育方法が違うため、牛乳の質が異なる点にも注意してください」(大西さん)

 「飽食の時代に生きる私たちにとって、個人の食生活で、必要な牛乳の量は異なりますが、一般的には、1日コップ1杯から2杯までの牛乳が適量ではないか」と大西さんは話します。

次々新製品が登場している「炭酸水」

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ/炭酸水は身体に良い? 悪い? 5つの疑問に答える

◆医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ
炭酸水は身体に良い? 悪い? 5つの疑問に答える

 近年、糖分を含まない「無糖炭酸水」の市場が伸びています。アルコールの割り材として、ハイボールブームを背景に販売数が増加したと言われています。広まった要因の1つが「健康・美容に良い」という説。

 炭酸水は健康にいいのか―次の5つの疑問についてまとめています。

  • 【疑問1】炭酸水は水と同じように水分補給ができる?
  • 【疑問2】炭酸水は骨密度を減らす?
  • 【疑問3】胃を刺激する?
  • 【疑問4】塩分が多い?
  • 【疑問5】炭酸水は歯のエナメル質を溶かす?

 炭酸水による身体への影響はほとんどありませんが、糖分や風味が加わった炭酸水は、清涼飲料水と同じでカロリーに要注意だといいます。

 「基本的には、炭酸水は水の代用としても活用できますね! とくに、満腹感が得られますので、食べ過ぎを気にされている方にはおすすめです」(大西さん)

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.