日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > イライラ、疲れ、肩こり、頭痛…季節の変わり目、不調を癒す漢方薬  > 4ページ目

Gooday 通信

イライラ、疲れ、肩こり、頭痛…季節の変わり目、不調を癒す漢方薬

好評連載「幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方」まとめ

【ダイエット】 “太りにくい体"に変えられる漢方薬とは?

ただ単に食べる量を減らしたり、単品ダイエットをしたりしても、体重の減少は一時的に過ぎません。(©jedimaster-123rf)

 ダイエットは古今東西、老若男女の関心の的です。食べ物が豊富にあり、食べたいものが簡単に手に入る環境では、油断をすればすぐに体重計の針がプラス方向に動きます。

 少食でダイエットするといった考え方を改めて、漢方薬で「太りにくい体質」に変身するのも一法かもしれません。今のうちに体質を調えておけば、将来、生活習慣病になるリスクも減るでしょう。

 ダイエットすることを漢方で「減肥(げんぴ)」といいます。文字どおり、余分な脂肪を減らすということです。中国でも、古くから減肥への関心は高いようです。

 中年期を過ぎると、たくさん食べているわけではないのに体重が減らない、という人が増えてきます。食生活に気を配り、適度に運動することは基本ですが、それでもなかなかやせない人もいます。そこには、体質が関係しています。

 漢方では、体内に過剰にたまっている水分や湿気、脂肪などを「痰湿(たんしつ)」といいます。痰湿がたまりやすい体質も「痰湿」証と呼びます。むくみを起こす過剰な水分や、皮下脂肪や内臓脂肪の余分な脂肪は、みな痰湿です。これが体内で増加すると、体重が増えます。それ以外にも、ポリープや腫瘤、できもの、女性では子宮筋腫や卵巣嚢腫(のうしゅ)ができやすくなったりもします。

 痰湿は、体に必要とされる以上の飲食や、運動不足によって体内に蓄積されますが、人体の機能的単位である五臓六腑(*)の機能失調によっても生じます。

 漢方では、痰湿(水分や湿気、脂肪など)を直接的に除去したり、五臓六腑の機能の全体バランスを調えることで「痰湿」証を改善したりします。

(*)五臓六腑とは…からだの機能を「肝」「心」「脾」「肺」「腎」という5つに分けて、そのバランスを調えることにより、病気を治療します。主に「肝」は自律神経系、「心」は循環器系、「脾」は消化器系、「肺」は呼吸器系、「腎」は内分泌系や生殖器系の機能が当てはまります。

あなたの「肥満」はどのタイプ?

痰湿(たんしつ)平胃散(へいいさん)など

  • 体が重だるい
  • 胃の疲れがある
  • べっとりと付着する舌苔(ぜったい)がある

肝鬱気滞(かんうつきたい)四逆散(しぎゃくさん)など

  • 社会人になってから太りだした
  • 強いストレスを感じている
  • 残便感がある

下線は漢方薬の名前

 詳しい解説は、
 「ダイエットに効く漢方」をご覧ください。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.