日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > イライラ、疲れ、肩こり、頭痛…季節の変わり目、不調を癒す漢方薬  > 4ページ目
印刷

Gooday 通信

イライラ、疲れ、肩こり、頭痛…季節の変わり目、不調を癒す漢方薬

好評連載「幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方」まとめ

【ダイエット】 “太りにくい体"に変えられる漢方薬とは?

ただ単に食べる量を減らしたり、単品ダイエットをしたりしても、体重の減少は一時的に過ぎません。(©jedimaster-123rf)

 ダイエットは古今東西、老若男女の関心の的です。食べ物が豊富にあり、食べたいものが簡単に手に入る環境では、油断をすればすぐに体重計の針がプラス方向に動きます。

 少食でダイエットするといった考え方を改めて、漢方薬で「太りにくい体質」に変身するのも一法かもしれません。今のうちに体質を調えておけば、将来、生活習慣病になるリスクも減るでしょう。

 ダイエットすることを漢方で「減肥(げんぴ)」といいます。文字どおり、余分な脂肪を減らすということです。中国でも、古くから減肥への関心は高いようです。

 中年期を過ぎると、たくさん食べているわけではないのに体重が減らない、という人が増えてきます。食生活に気を配り、適度に運動することは基本ですが、それでもなかなかやせない人もいます。そこには、体質が関係しています。

 漢方では、体内に過剰にたまっている水分や湿気、脂肪などを「痰湿(たんしつ)」といいます。痰湿がたまりやすい体質も「痰湿」証と呼びます。むくみを起こす過剰な水分や、皮下脂肪や内臓脂肪の余分な脂肪は、みな痰湿です。これが体内で増加すると、体重が増えます。それ以外にも、ポリープや腫瘤、できもの、女性では子宮筋腫や卵巣嚢腫(のうしゅ)ができやすくなったりもします。

 痰湿は、体に必要とされる以上の飲食や、運動不足によって体内に蓄積されますが、人体の機能的単位である五臓六腑(*)の機能失調によっても生じます。

 漢方では、痰湿(水分や湿気、脂肪など)を直接的に除去したり、五臓六腑の機能の全体バランスを調えることで「痰湿」証を改善したりします。

(*)五臓六腑とは…からだの機能を「肝」「心」「脾」「肺」「腎」という5つに分けて、そのバランスを調えることにより、病気を治療します。主に「肝」は自律神経系、「心」は循環器系、「脾」は消化器系、「肺」は呼吸器系、「腎」は内分泌系や生殖器系の機能が当てはまります。

あなたの「肥満」はどのタイプ?

痰湿(たんしつ)平胃散(へいいさん)など

  • 体が重だるい
  • 胃の疲れがある
  • べっとりと付着する舌苔(ぜったい)がある

肝鬱気滞(かんうつきたい)四逆散(しぎゃくさん)など

  • 社会人になってから太りだした
  • 強いストレスを感じている
  • 残便感がある

下線は漢方薬の名前

 詳しい解説は、
 「ダイエットに効く漢方」をご覧ください。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.