日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > イライラ、疲れ、肩こり、頭痛…季節の変わり目、不調を癒す漢方薬  > 2ページ目
印刷

Gooday 通信

イライラ、疲れ、肩こり、頭痛…季節の変わり目、不調を癒す漢方薬

好評連載「幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方」まとめ

【イライラ】 「熱邪」を鎮める漢方薬でイライラしにくい体質に!

イライラしやすいのは、熱邪が心神をかき乱すことも一因。(©alphaspirit-123rf)

 漢方では、イライラは「熱邪(ねつじゃ)」の仕業である、ととらえています。「熱邪」は「病邪」(病気の原因)の一つで、自然界の火熱(かねつ)が引き起こす現象に似た症状が現れます。この熱邪が心神をかき乱すと、イライラが生じます。

 熱邪には、実熱(じつねつ)と虚熱(きょねつ)があります。熱と水(陰液)のバランスが崩れ、熱の勢いが盛んになって生じる熱邪が「実熱」、逆に陰液の消耗により相対的に熱の勢いが強くなる熱邪が「虚熱」です。

 実熱は、炎症や自律神経系の興奮、各種機能の亢進(こうしん:通常の状態より高まること)、充血などによって生じます。虚熱は、慢性疾患や、ホルモンバランスの乱れ、中枢神経系の抑制機能の低下などにより、陰液が不足して相対的に熱邪が勢いを増すことで生じます。実熱の場合は熱邪を冷まし、虚熱の場合は陰液を補うことによって熱と水のバランスを調え、病気や体調不良を治します。

あなたの「イライラ」はどのタイプ?

「陰虚火旺(いんきょかおう)」知柏地黄丸(ちばくじおうがん)など

  • 寝汗
  • のぼせ、ほてり
  • 舌苔(ぜったい)がほとんどない

「心火(しんか)」黄連解毒湯(おうれんげどくとう)など

  • 焦りを感じやすい
  • 動悸がする
  • 不眠

肝火(かんか)竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)など

  • 怒りっぽい
  • 憂うつ
  • ヒステリックを起こしやすい

下線は漢方薬の名前

 詳しい解説は、
 「イライラに効く漢方」をご覧ください。

次ページ
疲労に効く漢方

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.