日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Gooday 通信  > 日本人の2人に1人がかかる「がん」との向き合い方

Gooday 通信

日本人の2人に1人がかかる「がん」との向き合い方

情け容赦なく襲ってくる「国民病」の現実と対策

 池田 悟=日経Gooday

 私たちに何かと衝撃を与えるメディア情報の1つが、「がん」に関連したニュースではないでしょうか。大物俳優やミュージシャン、文化人、財界人、そして、ハリウッドスターに至るまで…。テレビなどを通じて身近に感じている存在だけに、「まさか!」「信じられない!」と声を上げることもしばしばです。

 現在、日本国民のおよそ「2人に1人」が“何らかのがん”にかかり、結果的に「3人に1人」はがんで死ぬことが統計でも明らかになっています。もはや「国民病」と呼んでもいいはずなのに、心のどこかで「自分にはあまり関係ないのでは…」と楽観視をしている人も多いに違いありません。

 日ごろの生活習慣を含め、どんなに万全の対策を講じたとしても、情け容赦なく襲ってくる可能性がある「がん」という病。日経Goodayでは、がんについての基礎知識をはじめとして、その実情や最新治療、心のケアまでをさまざまな連載でお届けしています。これらを参考に、ぜひ「がんに負けない生き方」を目指してみませんか。

新連載スタート! がんに負けない患者力

田部井淳子「山での遭難に比べたら、がんの治療の方が恵まれている

登山家の田部井淳子さんは、2007年の夏、早期乳がんが見つかり、乳房温存手術を受けました。その後、2012年にもがん性腹膜炎を発症。登山で雪崩に遭い、命を落としかけた経験を持つ田部井さんの、がんとの向き合い方とは?


森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」

がん検診で「異常なし」の落とし穴

絶対にがんにならない方法はありません

期限付き」と「突然」、幸せな最期はどちら?

がんの告知と“魔の2週間”

2人に1人ががんになる」という意味


やさしいがんの学校

治療成績が良い子宮頸がん、問題は検診受診率の低さ

生活習慣が原因の“非ウイルス性肝がん”が増加中

大腸がんの手術、腹腔鏡が一番良いの?

あなたの肺がんの危険度はどのくらい?

胃がんは近い将来、激減する?


「わたしも、がんでした」

父のがんを通じて、私が変わったこと

家族が、がんと出会うとき

情報はどうやって手に入れる?

この際だから知っておこう

もしも、がんになったら…病院でどう行動すればよい?


トピックス

新たながん患者は前年比10万人増、国立がん研究センター予測

喉頭がん、気になるなら今すぐ禁煙を

攻めるアンジーは私たちの見本になるのか?

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.