日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > ダイエットを始める人は必見! 話題の「ローカーボ」をきちんと理解する
印刷

Gooday 通信

ダイエットを始める人は必見! 話題の「ローカーボ」をきちんと理解する

メタボやアンチエイジングにも効果あり、一方でリスクも

運動不足などの生活習慣による肥満や糖尿病の対策、それにダイエット法として、ローカーボ(糖質制限)が注目されている。その一方でリスクもあるというが…(©PaylessImages  -123rf)
運動不足などの生活習慣による肥満や糖尿病の対策、それにダイエット法として、ローカーボ(糖質制限)が注目されている。その一方でリスクもあるというが…(©PaylessImages -123rf)

 最近、「ローカーボ」(ロカボ)」という言葉をよく耳にするようになりました。ローカーボは、低糖質(糖質制限)のこと。運動不足などの生活習慣による肥満や糖尿病の対策、それにダイエット法として、今注目されています。実際、低糖質をうたった食品や外食メニューが続々と登場しています。低糖質のカップラーメン、パンから、お酒、ケーキなどのスイーツにいたるまで、実にさまざまな商品が発売されています。

 このローカーボ、マスコミなどで頻繁に取り上げられるようになったのは比較的最近ですが、米国で考案されたのは1970年代と実は歴史があります。効果的なダイエット法として日本に紹介されたものの、ごはんを主食にする日本人は長続きしにくく、当時は定着しませんでした。最近になって、低糖質食品の種類が増え、課題だったおいしさも改善されつつあり、そして糖質制限による効果が論文で明確に示されるようになったことから、日本でも受け入れられ始めたわけです。ダイエットや生活習慣病対策として、これからローカーボに取り組もうと考えている人も少なくないでしょう。

最近になって、さまざまなローカーボ(低糖質)食品が登場している
最近になって、さまざまなローカーボ(低糖質)食品が登場している

 その一方で、今年2月には、自らの糖質制限ダイエットの経験を発表していた作家の桐山秀樹氏が急に亡くなられました。もちろん桐山氏の体験を、そのままローカーボを実践している全ての人に当てはめることはできませんが、このときローカーボの安全性について不安を感じた人も少なくなかったようです。

 そこで今回は、ローカーボの基本から最新の研究状況までをまとめました。これからローカーボ・ダイエットを始めようと思っている方は、ぜひご一読ください。

「ローファットよりロカボ」のエビデンス

北里研究所病院の山田悟糖尿病センター長。食・楽・健康協会代表理事を務める
北里研究所病院の山田悟糖尿病センター長。食・楽・健康協会代表理事を務める

 以前は、「健康のために油や脂肪のとりすぎは控えましょう」(ローファット)と教えられること多かったのですが、ここ10年でそれに代わって糖質の摂取比率を減らす「ローカーボ(ロカボ)」が台頭してきました。なぜローファットよりローカーボなのでしょうか? その根拠となる研究データや具体的な食事法について、糖尿病患者の食事療法に長年取り組んできた食・楽・健康協会代表理事、北里研究所病院 糖尿病センター長の山田悟さんに詳しく話を聞きました。最近の研究により、脂肪を減らすローファットの食べ方がダイエットや病気予防につながっていないことが明らかになってきました。

 

あなたの糖質制限はここが間違っていた!

 すでに、ローカーボ・ダイエットにチャレンジしたことのある人も多いでしょう。しかし、「確かにやせた。でも、リバウンドした」という人もまた多いのではないでしょうか。実は、糖質オフダイエットの極意は、完全オフではなく“ちょいオフ”にあります。地味ながらも効果的な糖質オフ術をご紹介します。ハードな糖質制限に挫折した人は必読です!

そもそも糖質とは何なのでしょう?
そもそも糖質とは何なのでしょう?
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.