日経グッデイ

Gooday 通信

タフなあの人が実践している“ストレス解消法”

大型連休明けのユウウツを乗り越える秘策・まとめ

大型連休も後半に差し掛かり、次の出社日が近づいてきています。「仕事のことを考えるとゆううつ…」とため息を漏らしてしまうみなさんに、連休明けのブルーな気分を乗り越えるためのストレス対処法をお届けします。

有名人、敏腕経営者のストレスとの付き合い方

 いつも元気で、ストレスとは縁遠そうな、有名人や経営者のみなさんは、どのようにストレスを対処しているのでしょうか。

キャスター 草野 仁さん

 若いころは、ちょっとしたことですぐに怒りが爆発する「瞬間湯沸かし器」だった草野仁さん。仕事柄、ムッと感じても感情をコントロールする技が自然と身についたそうです。

 草野さんが実践しているストレス解消法の一つは、クラシック音楽を聴くこと。最も好きな作曲家はブラームスなのだそうです。もう一つは、1人カラオケ――採点機能で高得点を目標にすること。ストレスの解消だけでなく、カロリー消費にも貢献してくれるといいます。

出典:「仕事を家に持ち込もう」、その真意は?

俳優・気象予報士 石原良純さん

 買い物が苦手だという、石原良純さん。あらかじめ目的の品を決め、店をめがけて一直線。まさに、さっと買ってさっと引き上げる「ヒット・アンド・アウェイ」。

 ところが、あることをきっかけに、ネットでの買い物にはまることに。それは「ふるさと納税」。インターネットでふるさと納税のお礼の品のページをめくって眺めていたら、模型会社の本拠地、埼玉県鶴ケ島市で納税のお礼として鉄道模型の「Nゲージ」を進呈しているのを発見。これをきっかけに、鉄道模型をネットオークションで落札するのが趣味になってしまったといいます。

 子供の頃には到底手の届かなかった車両や数多くの線路が、手に入ると感じる幸せ…買い物もストレス発散になるそうです。

出典:新ストレス解消法は、酒の勢いで「お宝ゲット」!

落語家・医学博士 立川らく朝さん

(イラスト:つぼいひろき)

 「ストレス解消に飲み食いする人が多いとなると、ストレスの多い人には糖尿病だって多いはず」と立川らく朝さん。実際に調べてみたら、ストレスと糖尿病が密接な関係にあるということが分かりました。

 さらに、ストレスを感じている時は血糖値が上がりやすい状態だというのは確かなようです。ということは、ストレス解消をするにしても、なるべく血糖値を上げない方法を工夫したいもの。ストレス解消にはカロリーを消費するスポーツが理想的なようです。食べたり飲んだりしないで、汗をかく。

 もっとものぐさな人にはカロリーをとらない「ふて寝」がよいとのこと。

出典:ふて寝のススメ

星野リゾート代表 星野佳路さん

(撮影:増井友和)

 「私は食事、睡眠、運動のほかに、ストレスのコントロールも健康管理には欠かせないと思っています。そのために掲げているのが『3ない主義』です」と話すのは星野佳路さん。この3ない主義とは「出たくない会議には出ない」「会いたくない人には会わない」「行きたくない会食には行かない」の、3つの「ない」をできるだけ実践するというもの。

 「年を重ねるごとにどんどんわがままになっていて、周りにも迷惑をかけていると思いますが、ストレスマネジメントはそうしてでもやらねばならない重要な課題なので、割り切って自分のしたいようにしています」(星野さん)。何かを犠牲にしないと、心身の健康は得られない――自分にとって意味のない我慢をするのをやめてからは、持病の不整脈が出なくなったといいます。

出典:「3ない主義」でストレスを軽減

JINS社長 田中 仁さん

(撮影:鈴木愛子)

 「健康を保つ上で一番大事な要素は精神という気がしています」とジェイアイエヌ田中社長は強調します。体は心と密接につながっていて、体だけを健康にしてもあまり意味がないのではないかと考えるそうです。「もともと、ストレスがたまりにくい性格と自信を分析していますが、気の持ちようもあると思います」(田中さん)。

 何事も「受け入れる」ようにすれば、精神的に厳しい状況にはならないといいます。例えば、ある状況に直面して「厳しい」とか「嫌だ」とかネガティブな気持ちになっても、事態そのものは変わりません。反対にそう思えば思うほどドツボにはまってしまうかもしれません。

 田中さんはさらに、厳しい状況になると「これはチャンスだ」と思うようにしているそうです。

出典:受け入れれば、楽になれる

ストレスに負けないために知っておきたいこと

(©alphaspirit 123-rf)

 ここでは、『男はなぜこんなに苦しいのか』の著書で知られる海原純子さんが語る「ストレスからの脱し方」や、Gooday連載「働く人のココロを鍛える コンディショニング術」を執筆する帝京平成大学現代ライフ学部教授の渡部卓さんによる休暇後のアドバイスなどを取り上げました。


食生活の見直しから「イライラ」「ウツウツ」を撃退!

 なんとなく気分が塞ぐ、ちょっとしたことでイライラしてしまう…。そんな心の不調は、日ごろの食生活が原因かもしれません。気をつけるべきポイントはたったの3つ。たんぱく質が豊富な食事を心がけ、ビタミンB群をたっぷりとり、糖質を減らすこと。そこで、3つのルールに即した、朝・夜・おやつの簡単レシピを紹介します。

(©Brent Hofacker 123-rf)

 ストレスの緩和には、お茶に含まれている「テアニン」も効果的といわれています。テアニンは自律神経系へも働きかけ、緊張やストレスがあるときに働く交感神経を抑制することが分かっています。

日経グッデイ春割キャンペーン