日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 一流人は一味違う! あの経営者の健康マネジメント術  > 3ページ目

Gooday 通信

一流人は一味違う! あの経営者の健康マネジメント術

今日から真似したい「私の『カラダ資本論』」名言集

 日経Gooday編集部

ローソン代表取締役会長CEO 玉塚元一さん

メンタルを磨いてくれた“根性練”

 学生時代は中学から大学まで、ラグビーに明け暮れました。練習がとにかく厳しくて、骨折や打撲などのケガが絶えず、頭は延べ40針以上縫っています。

 特に大学時代の夏の山中湖での合宿は地獄でしたね。普段も毎日4~5時間の猛練習をこなしていましたが、山中湖合宿では3週間にわたって連日、早朝、午前、午後と8時間はしごかれました。

 1週間くらい過ぎると心身ともにボロボロで、朝起きたときに「もう絶対に動けない!」と思うんです。それでも15分後には、山をダッシュで駆け上がっているんですよね。こんな経験を乗り越えると、怖いものはなくなります(笑)。たいがいのことでは「死にはしない」と思えるんですね。この「死にはしない」という感覚がいつも根底にあって、ビジネスでの逆境を乗り越える力にもなっていると思います。

■もし今、当時のような厳しい練習をやれといわれたら、玉塚氏はどうするでしょう?詳しくはこちらをクリックしてください。

第1回 大学ラグビーでの試練が仕事の糧に

健康食品からドカ弁まで何でも食べる

 食事は何でも食べますね。ローソンは2013年から「マチの健康ステーション」として、低糖質の「ブランパン」をはじめ、低カロリーや減塩といった健康志向の商品を数多く揃えています。一方で、お客様のニーズは多様ですから、食べ応えのあるガッツリとしたドカ弁やスイーツなども置いています。仕事ではそのどちらも分け隔てなく試食するので、カロリーなどはあまり気にしていられない。それに、お酒もやめられないんですよね(笑)。

 どうしても飲食でのインプットが多くなるので、それ以上のアウトプットでバランスをとることが大事。早朝のトレーニングと1日1万歩は、アウトプットを高めに維持するために必須の習慣ですね。筋肉を動かすことで、精神的なストレスを解消することもできる。経営者にとっては、それも重要なことだと思います。

■アウトプットを維持するため玉塚氏が続けているトレーニング内容について、詳しくはこちらをクリックしてください。

第2回 大ケガ後もスポーツはやめられない

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.