日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 一流人は一味違う! あの経営者の健康マネジメント術  > 6ページ目
印刷

Gooday 通信

一流人は一味違う! あの経営者の健康マネジメント術

今日から真似したい「私の『カラダ資本論』」名言集

 日経Gooday編集部

エステー取締役兼代表執行役社長(COO) 鈴木貴子さん

いいと聞けば即実践、多少のルール違反はOK

 風邪一つひいてはまずいと思っているので、免疫力を高めるために取り組んでいるのが冷え性の改善です。そのために意識しているのが、体の内側から温めること。私はショウガがすごく好きなので、料理に多用しているほか、冬はジンジャーティーを作って飲んでいます。ナイトキャップ(寝酒)は、すり下ろしたショウガ入りのホットウイスキーが私の定番です。

 また9月から3月くらいまでの間は、常時、おへそから指2本分くらい下にある気海と呼ばれるツボに使い捨てカイロを貼っています。このツボを温めると全身の血流がよくなると聞いてから実践しています。これ以外にも、1年くらい前から月1回の割合で鍼灸院にも通っています。

 「毎日こんなことをしている」と話すと、「ちょっとストイックすぎない?」と言われることもありますが、ちっとも無理していません。

 実のところ、ルール違反もしばしば(笑)。例えば、冷え性の人は本来であれば冷たいものを控えたほうがいい。でも私は冷たいものが大好き。これもダメ、あれもダメと、あまり真面目に守っていると息苦しくなる。だから「体が冷えちゃうな。でもさっきショウガを食べたし、まあいいか」というふうに、自分に都合よく解釈しています。

 日常の中でできること、自分が心地いいと思うことだけを楽しみながらすること、絶対にダメなものを設けないこと、それが長続きの秘訣かもしれません。

■鈴木さんが実践している健康対策のバリエーションは本当に豊か!詳しくはこちらをクリックしてください。

第2回 冷え&アトピー対策、多少のルール違反こそ長続きの秘訣

オンとオフはあえて一体化

 私は会社で一切デスクワークをしません。集中してやりたいので、週末に自宅で取り組みます。期の方針を作ったり、毎週の役員会で発するメッセージを作ったり。私の場合、そのほうが断然はかどります。しんどい部分も含めて、仕事が好きなのでしょうね。

 社長になってから働き方は変わりました。あえてオンとオフを一体化しました。むきになってオンとオフを切り分けるより、そのほうがむしろ気が楽。今はすべての時間がマイライフと捉えています。

 そのためにはオンを心から楽しめないといけません。例えば、出張は旅と捉えて、それ自体を楽しむようにしています。もちろん、仕事そっちのけで観光名所を回るということではありませんよ。せっかくの出会いを大切にするとか、同じ食事をするなら向こうの人が勧めてくれる料理やお酒を心ゆくまで味わうといったことです。

■鈴木さんが習慣にしている「辛いときも涼しい顔でいられる秘訣」とは?詳しくはこちらをクリックしてください。

第4回 バーベルはニコニコしながら挙げる主義

(写真:鈴木愛子、竹井俊晴、小野さやか)

先頭へ

前へ

6/6 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.