日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 一流人は一味違う! あの経営者の健康マネジメント術
印刷

Gooday 通信

一流人は一味違う! あの経営者の健康マネジメント術

今日から真似したい「私の『カラダ資本論』」名言集

 日経Gooday編集部

仕事においては、やはりカラダが資本。連休明けから生活習慣を見直そう、と決意を固めている人も多いのでは? そこで今日は、経営者などのマネジメント力に長けた人たちに健康管理の秘訣を聞く連載「私の『カラダ資本論』」の中から、一流人が実践している健康マネジメント術を紹介します。健康づくりのヒントとしてください。(役職などの情報は記事初出時のものです)

タニタ社長 谷田千里さん

とっても楽な「2割ダイエット」を実践

 社外の人からは「健康総合企業のタニタということで、さぞいろいろな健康法に取り組んでいるのだろう」と思われているようですが、主に2つのことに気を付けています。その1つが、服部栄養専門学校の服部幸應先生から教えていただいた「2割ダイエット」です。さまざまなダイエット法の中でも、これ以上に楽な方法はないのではないかと思っています。

 まず現在のライフスタイル、食生活を何ら変える必要がありません。すべて今のままでいい。お酒を飲んだ後の締めのラーメン、自分へのご褒美のスイーツ…。ダイエットを始めるとき、まず真っ先に「やめてください」と言われるものですが、いずれも食べて構いません。

 その代わり、毎回の食事で2割だけ残してください。これが「2割ダイエット」です。もったいないのですが、すべての料理、それぞれ1品、1品に対して2割を残します。食べ始める前、横に2割分をよけておくといいでしょう。そうしないと、「あ、全部食べちゃった」となってしまいがちだからです。

 私はこのダイエットを始めて10年くらいになります。社長になってからはとりわけ会食の機会が増えましたから、この方法が本当に役に立っています。外食でも自分で摂取カロリーをコントロールしやすいからです。

■谷田さんの実践するダイエット法について、詳しくはこちらをクリックしてください。

第1回 「2割ダイエット」を10年継続

活動量計をネクタイに装着

 「2割ダイエット」と並んで、体形維持に役立つもう一つのノウハウがあります。それは、手前味噌になってしまい恐縮ですが、活動量計を使って消費カロリーと摂取カロリーのバランスをとることです。

 私は自社の歩数計や活動量計をどんなときも身に着けています。自分自身の健康のためでもあるし、社長として商品の改良すべき点を考えたり、販促のヒントを探ったりするためでもあります。最新の小型化された活動量計をネクタイなど目立つ場所に着けていると、お会いした人が大抵「それ、何ですか」と聞いてくれます。

 活動量計は歩数計とは測れるものが違います。測って、把握して、意識や行動を変えることができるのです。

■活動量計と歩数計の違いとは?詳しくはこちらをクリックしてください。

第2回 会議漬けだと恐ろしいほど動いてない

1/6 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.