日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > がん治療を阻む4つの誤解  > 4ページ
印刷

Gooday 通信

がん治療を阻む4つの誤解

偏った情報に惑わされ、正しい判断ができなくなることを避けるには

4. 「〇〇を食べればがんは防げる」は大概が“まゆつば”

 「先生、がんにならないためには、どうしたらいいのでしょうか」――。

 検査で「異常なし」との結果を知ったこうした患者さんは、安堵の表情を浮かべた後に、異口同音にこう口にするそうです。そんなとき森山先生は「絶対にがんにならない方法はありません」と伝えています。ただし、「がんになる可能性は誰にでもありますが、統計的に見て、がんになるリスクをある程度下げられる方法ならあります」とも付け加えるそうです。

 国立がん研究センター研究所では、「がんを防ぐための新12か条」を公表しています(下表参照)。私たちが普段の生活で気を付けられる「食事」「嗜好品」「運動」「感染予防」への取り組みなど、まるで生活習慣病を予防するかのような方法が推奨されています。

がんを防ぐための新12か条
 1条 たばこは吸わない
 2条 他人のたばこの煙をできるだけ避ける
 3条 お酒はほどほどに
 4条 バランスのとれた食生活を
 5条 塩辛い食品は控えめに
 6条 野菜や果物は豊富に
 7条 適度に運動
 8条 適切な体重維持
 9条 ウイルスや細菌の感染予防と治療
10条 定期的ながん検診を
11条 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12条 正しいがん情報でがんを知ることから
出典: 国立がん研究センター研究所

 世の中には、「これを食べるとがんになる」「あれを食べればがんは防げる」といった情報が流布することがあります。しかし、これらのほとんどは、医学的なエビデンスが乏しいと森山先生は話します。「唯一、『生野菜を摂る』『塩分を控える』といった食習慣が、がんのリスクを下げることは研究データで証明されていますが、それ以外はわからないことばかりなのが実情です」(森山先生)

 では、どうしてバランスのとれた食事を推奨しているのでしょうか。それは「日常的に口にしている食べ物の中に発がん性物質が含まれている可能性があり、そうした特定の食材を過剰に摂取しないよう、様々なものを食べながらリスクを分散させることを目的としているのです」(森山先生)。これら新12カ条を心がけていたとしても、「がんにはならない」とは言えません。その一方で、どれだけ不摂生を続けていたとしても、がんにならない人もいます。現時点では「リスクが高くなること」を極力排除していくしか手立てはありません。

 このほか、「がんになるリスクを下げる生活習慣とその誤解」については、以下の記事をご覧ください。

「絶対にがんにならない方法はありません」

 ここでは、森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」から、がんの予防や治療で知っておくべき「誤解」や「落とし穴」についての記事をご紹介しました。このほかの有料会員向けの記事については「有料会員向け記事のご紹介」をご覧ください。

森山紀之(もりやまのりゆき)
ミッドタウンクリニック 理事
森山紀之(もりやまのりゆき) 1947年、和歌山県生まれ。千葉大学医学部卒。1976年に国立がんセンター放射線診断部に入局。同センターのがん予防・検診研究センター長を経て、現職。ヘリカルスキャンX線CT装置の開発に携わり、早期がんの発見に貢献。2005年に高松宮妃癌研究基金学術賞、2007年に朝日がん大賞を受賞。主な著書に「がんはどこまで治せるのか」(徳間書店)。 東京ミッドタウン先端医療研究所(http://www.midtown-amc.jp)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.