日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > ボルダリング初心者が知っておきたいこと【まとめ】  > 2ページ

Gooday 通信

ボルダリング初心者が知っておきたいこと【まとめ】

プロクライマー・尾川とも子さんがボルダリングの疑問に答えます

【ジムに行ったら…】

◆シューズの選び方のコツは?

出典:ボルダリングシューズ、初心者は「痛くない」を重視して!

・ジムに行くとシューズを借りられる。
・ボルダリングシューズのサイズ選びのポイントは、普段はいている靴よりも小さめのものを選ぶこと。シューズの中で足が動かないようにし、つま先でホールドに乗りやすいようにするためだ。
・具体的には、普段の靴より1cm程度小さめ、あるいは、シューズを履いて5分程度つま先立ちできるかを目安にするとよい。

◆準備運動はしたほうがいい?

出典:尾川さん流 ボルダリングのための準備体操

・実施直前の準備運動は必須!
・「ボルダリングでは普段使わない筋肉を使うので、腰や肩を傷めがちです。趣味でやっているボルダリングでも、3年くらい続けていれば、軽いものを含めて一度は何らかのケガを経験している方が少なくありません。特に30代以降の方は、ボルダリングをやる前、やった後の体のケアが大切です」
・準備運動のポイントは首や腰などのポイントごとに関節の可動域を広げるとともに、筋肉をほぐして体を温めること。

◆準備完了!まずはとにかく上へ登ってみよう

出典:初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き

・最初は登りやすそうな壁を選び、どんな登り方でもいいので、手でつかみやすいホールドや足をのせやすいホールドを使って、とにかく上まで登ってみよう。こうしてホールドをつかむ感覚を覚えると同時に、シューズが足に合っているかどうかなどを確認する。

◆次に基本ルールを覚え、初心者コースを登ってみる

出典:初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き

・「スタート」もしくは「S」と書いてあるのがスタート時に持つホールド、「ゴール」または「G」と書いてあるのがゴール時に持つホールドで、ボルダリングでは、スタートからゴールまで、同じ色、同じ数字(あるいは記号)のホールドだけをつかんで登る。
・スタートとゴールは必ず両手で持つのがルールだ。

◆基本ルールを覚えたら、「オブザベーション」でルートを把握してから登る

出典:初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き

・オブザベーションとは、登り始める前に、コースを観察(オブザーブ)して、登るルートがどこに向かっているかを頭に入れ、手をどの順番でどこに掛ければいいのか、どう体を動かせばいいかといったことをイメージしてみること。
・初心者は次の2点を意識すればOKだ。
(1)スタートとゴールの位置の確認
(2)登るラインの確認

◆初心者が覚えたいホールドの基本的な持ち方

出典:ボルダリング初心者が覚えたい、ホールドの効果的な持ち方

ガバ、ガバ持ち
アンダー
サイド
ポッケ、ポケット
ピンチ持ち など

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.