日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > ボルダリング初心者が知っておきたいこと【まとめ】
印刷

Gooday 通信

ボルダリング初心者が知っておきたいこと【まとめ】

プロクライマー・尾川とも子さんがボルダリングの疑問に答えます

最近話題の「ボルダリング」。誰でも簡単に始められるのが魅力だというが、運動が苦手な人でも本当に楽しめるのか。ジムに行く前に準備すべきことなどはあるのだろうか。これからボルダリングを始めたい人やボルダリング初心者が抱きがちな疑問について、日本人女性初のプロクライマー・尾川とも子さんが分かりやすく答えます。

【ジムに行く前に知っておきたいこと】

◆ボルダリングとは?

出典:東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?

・大きな石(ボルダー)を、ロープや道具を使わずに体ひとつで登ることを「ボルダリング」と言う。
・ボルダリングジムで壁についたカラフルな石(ホールド)をたよりに、高さ3~5mの人工壁を這い登っていくことも指す。最近は専門のジムも増え、また、2020年の東京オリンピックの競技になる可能性もあり、今最も注目されているスポーツの一つと言っていい。

◆運動オンチで筋力がなくても、やれる?

出典:東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?

・「ボルダリングは、はしごに登れる体力があれば、年齢や性別に関係なく楽しめるスポーツです。1年あれば、一番簡単なレベルだったら前傾壁も十分狙えますよ」
・「私がジムで講師をしていたときも、3歳の子どもから78歳のお年寄りまでレクチャーしていたほど」
・「筋力が強くない女性でも、体重の軽さや柔軟性を生かして登ればいいし、手が小さければ小さいホールド(壁に付けられた大小の突起)をつかむのに有利。自分の個性を生かして、楽に登る方法を見つければ、必ず上達しますよ」

◆ジムに行く前に、準備することは?

出典:東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?ボルダリングを安全に楽しむ!お薦め準備体操とNG行動

・道具や服装について、これといった準備はいりません。
「道具はレンタルできるし、服装も動きやすければ何でもOKなので、本当に気軽にできます」


◆どのくらい練習すれば上達する?

出典:東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?

・「ボルダリングで何を目指すかにもよりますが、例えば前傾壁に興味があるなら、月2回くらい1年間練習すれば、傾斜130度くらいの壁(※)は目指せると思いますよ」

※ボルダリングの壁の傾斜は、施設にもよるが80~160度くらい。90度が垂直な壁なのに対し、80度は奥に10度傾いた壁、100度は手前に10度傾いた壁を指す。

◆ボルダリングは体にいい?

出典:東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?

・ボルダリングにはヒップアップ効果をはじめ、全身の筋肉を鍛え、しなやかな美しい体を作る効果もあるという。
・「引き締め効果は大いに期待できると思いますよ。実際、クライマーは引き締まった体の方が多くて、女性でも腹筋が“6割れ”している人もいますから。もちろん趣味で月2回やる程度ではそこまでいかないでしょうが、まずは『上腕』、それから、爪先立ちをするので『ふくらはぎ』に筋肉がつきます。その後、傾斜の強い壁に挑戦するようになると、『腹筋』や『広背筋』という肩甲骨の周りの筋肉も鍛えられます」

◆いきなり一人でジムに行くのは不安…

出典:東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?

・「どのジムでも初めての人向けにはビギナーレッスンがあり、必ずスタッフがついて30分とか1時間は教えてくれるので大丈夫です。2回目以降も、ジムによってはビギナースクールを開催しているので、そうしたスクールに参加するのもいいし、時々、その場にいる人全員を対象にした無料講習を行うジムもあるので、そうした講習に参加するのも手です」

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.