日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 7大がんの基礎知識  > 4ページ目
印刷

Gooday 通信

7大がんの基礎知識

胃がん、肺がん、大腸がんなど、日本人に多いがん・まとめ

大腸がん:食の欧米化などに伴い、じわじわ増加する大腸がん

 食生活の欧米化や運動不足などにより増加していた大腸がんも、生活習慣改善の意識が高まりつつある近年は、横ばいとなってきています。近年ではとくに、赤身の肉や加工肉、アルコールの摂取、運動不足と肥満が、大腸がんの確実なリスク要因であることが分かってきました。また、鉄分を多く含んだ食品、動物性脂肪を多く含んだ食品、砂糖を多く含んだ食品、チーズも注意が必要と示唆されています。

関連記事:「加工肉」の発がんリスク、日本人への影響は?

 遺伝による家族性の大腸がんはごくまれですが、大腸がんを経験した家族がいる場合は注意しておくといいでしょう。

 一般に、自分から見た大腸の右側(盲腸、上行結腸、横行結腸)に発生したがんでは、自覚症状が起こりにくく、慢性的な貧血や腹部のしこりに気づいて受診したことがきっかけで発見されるケースが多く見られます。血便などでは確認しづらいのは、(自分から見て)大腸の右側では、便がまだ水分の多い状態で運ばれてくるため、がんができていても通過しやすくなっている上、肛門にいたるまでに距離があるので、がんによる出血が便に混ざり、分かりにくくなってしまうためです。

 一方、大腸の左側(下行結腸、S状結腸、直腸)に発生したがんでは、下血や血便、便秘や下痢、便が細くなるといった症状が現れやすくなります。

 大腸がんは早期に発見・治療できれば、治癒が可能です。大腸癌研究会の集計(全国登録2000~2004年)によれば、ステージ別の5年生存率(がんの診断から5年生存している人の割合)は、I期では92%、II期では85%、III期では結腸がんが72%、直腸がんが63%、IV期では19%となっています。

 詳しい診断方法や治療法については、
 「大腸がんの手術、腹腔鏡が一番良いの?」をご覧ください。

お話を聞いたのは…
金光幸秀(かねみつ ゆきひで)先生
国立がん研究センター中央病院大腸外科・科長
次ページ
前立腺がん

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.