日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 「がん検診の落とし穴」とは? 現実的な検診の受け方  > 2ページ目

Gooday 通信

「がん検診の落とし穴」とは? 現実的な検診の受け方

日本一がんを見つけた医師・森山紀之さんが勧める「がん検診」とは

がん検診で「異常なし」の落とし穴

 「がん治療の鍵を握るのはなんと言っても早期発見につきる」と森山先生は話します。その大きな力になっているのが「がん検診」です。冒頭で触れたように、今や「2人に1人はがんになる時代」ですから、統計的に見てがんの発症するリスクが高まってくる50~60代の、いわゆる「がん年齢」に達する前に、定期的ながん検診を積極的に受けることはとても大切です。

 ただし、検診は1度受ければ安心というものではありません。継続して受けることがとても重要です。

一度受診したがん検診で「異常なし」と判定されると、その後、ノーケアというケースは少なくない。こうした油断が意外な「落とし穴」になる(©jedimaster- 123RF)
一度受診したがん検診で「異常なし」と判定されると、その後、ノーケアというケースは少なくない。こうした油断が意外な「落とし穴」になる(©jedimaster- 123RF)

 「がん検診を1度受けて『異常なし』の判定が出ると、ほとんどの人は安心してしまい、その後ずっと「大丈夫」だと思って放ってしまいます。ところが数年後、何かのきっかけでがんが発見され、かなり進行していたというケースは、決して珍しいことではありません。がんはわずか1~2年の間に、発病して進行し、場合によっては治癒が難しい状況に陥る厄介な疾患です。がん検診を1度だけ受けても不十分で、定期的に受けることが欠かせないのです」(森山先生)

 まれにがんが「存在するものの発見できなかった」というケースもあるそうです。例えば、大腸がんの検診でよく行われている「便潜血反応検査」は、必ずしも万能ではないそうで、現状では、がんが「陽性」であるにもかかわらず、そのうちの13%程度は「陰性」と判定されるとのこと。

 このため、毎年、がん検診を受けることが大事です。そうすれば、がんが進行性のものであったとしても、手遅れになるような事態を防ぐ可能性が高められます。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.