日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 「がん検診の落とし穴」とは? 現実的な検診の受け方

Gooday 通信

「がん検診の落とし穴」とは? 現実的な検診の受け方

日本一がんを見つけた医師・森山紀之さんが勧める「がん検診」とは

日本人の死亡原因でトップになっている「がん」。今は日本人のおよそ半分が、なんらかのがんにかかる時代です。そこで大切になるのが「早期の発見と対処」、つまり「がん検診」が極めて重要となります。この記事では、長くがんの専門医として多くの患者さんと接してきた東京ミッドタウンクリニック健診センター長の森山紀之医師が綴るコラム「森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」」の中から「現実的ながん検診の受け方」を紹介していきます。

がんは「国民病」という認識を持ち、「検診」を怠らない

今や、日本の2人に1人が一生のうちに“何らかのがん”にかかり、結果的に3人に1人はがんで死ぬ時代。「国民病」として誰もが例外ではないという認識を持つことがとても重要だ(©torwai Suebsri -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 現代社会における死亡原因で、断トツの第1位となっているのが「がん」です。厚生労働省が発表する「我が国の人口動態」(平成26年)によれば、2012年に日本の死亡者数125万6359人のうち、28.7%(36万963人)が「がん」で亡くなっています

 国立がん研究センターの「がん対策情報センター」の推計では、現在、日本国民のおよそ2人に1人が一生のうちに“何らかのがん”にかかり、結果的に3人に1人はがんで死ぬ時代になっています。がんとわかってから慌てるのではなく、「国民病」として誰もが例外ではないという認識を持つことがとても重要です。

 がんの治療技術は日進月歩で進化しているとはいえ、大切なのはやはり「早期の発見と対処」。長くがんの専門医として多くの患者さんと接してきた東京ミッドタウンクリニック健診センター長の森山紀之医師は、「がん検診」の重要性を繰り返し説きます。「『あと1年早く検診を受けていてくれれば…』というケースが幾度となくありました。できるだけ早くがん検診を受けてください。そして検診は継続してください」(森山先生)。

がんによる死亡率は上昇傾向をたどっている
1981年以降、日本人の死因別順位は「悪性新生物(がん)」が1位を続けている。これは、生活習慣病にも関連が深いとされる「心筋梗塞」や「脳梗塞」といった血管イベントによる死亡率を合算したものよりも高い(出典:厚生労働省、平成26年『我が国の人口動態』より)
[画像のクリックで拡大表示]

 次ページ以降、森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」の中から「現実的ながん検診の受け方」を紹介していきます。

1/5 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.