今や、日本の2人に1人が一生のうちに“何らかのがん”にかかり、結果的に3人に1人はがんで死ぬ時代。「国民病」として誰もが例外ではないという認識を持つことがとても重要だ(©torwai Suebsri -123rf)

記事に戻る