日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 運動意欲の向上にオススメの健康ツール、あなたにピッタリの製品は?  > 4ページ目
印刷

Gooday 通信

運動意欲の向上にオススメの健康ツール、あなたにピッタリの製品は?

「ストイック派」「エンジョイ派」「マイペース派」のタイプ別に紹介

マイペース派のあなたには移動記録やお手軽ストレッチ

1日の活動をもれなく記録してくれるライフログ・アプリの「Moves」。自動的に判別する移動手段は、徒歩、ランニング、自転車、交通機関の4種類。滞在した場所、滞在時間、移動手段と経路、移動時間などを自動的に記録する。
[画像のクリックで拡大表示]

 ゆるい運動に取り組みたいマイペース派のあなたに最適なアプリももちろんあります。例えば、歩いたり、走ったり、乗り物に乗ったりといった1日の活動をもれなく記録してくれるライフログ・アプリの「Moves」。Movesの特徴は、現在地をスマホの位置情報(GPS)機能や周辺に設置してある無線LAN(Wi-Fi)ルーターから取得し、どこに何時間滞在したか、またどんな手段で移動したかを24時間記録し続けることです。移動方法も徒歩なのか、走ったのか、自転車か、それとも電車やバス、自家用車などの交通機関を使ったのかを、スマートフォンの加速度センサーを利用して判定します。歩数(自転車の移動記録では距離)と、平均速度、消費カロリーなども分かるので、大雑把な運動記録としても使えてしまうのです。

※「Moves」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

歩く、走る、乗る…「Moves」で1日の活動をくまなくチェック!


iPhone向けに配信されている体力測定アプリ「Quality」(クオリティー)では、自分の運動能力を基に、向いているスポーツを提案してくれる。
[画像のクリックで拡大表示]

 なかなか運動に取り組む意欲がわかないようであれば、まずは体力を測定して、同年代のなかでの自分の位置づけを知ってみるのがいいかもしれません。iPhone向けに配信されている体力測定アプリ「Quality」(クオリティー)では、iPhone内蔵の加速度センサーなどを利用して跳躍力、脚力など計測できます。一般的な体力測定と違い、測定係を必要としないので、1人でも手軽にできるのが魅力です。面白いのは、体力測定で分かった自分の運動能力を基に、向いているスポーツを提案してくれる機能。それをきっかけにスポーツに取り組む気持ちを高めてくれます。筆者は、垂直跳びなどの評価が比較的高かったせいか、バレーボールに適性があるとされました。

※「Quality」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

iPhoneで本格的な体力測定に挑戦!


ストレッチ・アプリ「疲れスッキリストレッチ E.F.A.S」では、利用者の身体の状態に応じて最適なストレッチメニューを提示してくれる。
[画像のクリックで拡大表示]

 最後は、肩こりの解消という目的で提供されているストレッチ・アプリ「疲れスッキリストレッチ E.F.A.S」を紹介しましょう。肩や首のこりを解消するための部位別のストレッチを紹介するだけでなく、利用者の身体の状態に応じて最適なストレッチメニューを提示してくれます。アプリを起動すると、まず利用者の身体のバランスを検査するように促され、この結果を基に身体のバランスを整えるようなストレッチメニューを提供してくれるのです。筆者は頭痛もある強度の肩こりを、このアプリで解消できたそうです。

※「疲れスッキリストレッチ E.F.A.S」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

無料スマホアプリで肩こり&頭痛を撃退?! ~プロも学ぶストレッチ法を試す~


 これらの盛り沢山な健康ツールの中から、あなたにピッタリのものを見つけて、日々の健康増進にぜひお役立てください。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.