日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 運動意欲の向上にオススメの健康ツール、あなたにピッタリの製品は?  > 3ページ目
印刷

Gooday 通信

運動意欲の向上にオススメの健康ツール、あなたにピッタリの製品は?

「ストイック派」「エンジョイ派」「マイペース派」のタイプ別に紹介

エンジョイ派のあなたはゲーム感覚で運動継続

自転車の競走アプリ「Strava」を使い、白金高輪付近、平均斜度6%強の坂を含めた200mほどの区間を、荷物を載せたクロスバイクで筆者が駆け上ったところ、結果は7人中4番目だった。
[画像のクリックで拡大表示]

 楽しく運動を継続したいエンジョイ派のあなたには、まず、サイクリングの走行内容を記録するアプリ「Strava(ストラバ) GPS ランニング&サイクリング」を紹介しましょう。Stravaには、記録を測定する区間がすでに他のユーザーによって多数登録されており、こうした設定区間を通ると、アプリが自動的に走行時間(区間タイム)を計測します。この走行記録が同じ区間を通った人の記録と比較され、「あなたは、○人中○位です」とランキング表示されます。ほぼ強制的に、自分の実力(脚力)が順位という数字で明らかにされるわけです。アプリを通じて競い合うことで、サイクリングの意欲をかきたててくれることでしょう。

※「Strava(ストラバ) GPS ランニング&サイクリング」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

サイクリストにお勧め! 他人と走力を競える「Strava」を試す


オリエンテーリング風ゲームアプリ「Ingress」で登録されている拠点の例。左は白金高輪駅前にあるオブジェ。右のように、公園内の遊具なども拠点となっていることがある。
[画像のクリックで拡大表示]

 続いては、「Ingress」(イングレス)というオリエンテーリングに似たゲーム感覚でウォーキングを楽しめるアプリです。参加者は、青チーム(レジスタンスと呼ばれる)か、緑チーム(エンライテンド)かのどちらかに所属し、「ポータル」と呼ばれる拠点を奪い合います。拠点を奪うには、実際に存在する拠点に指定された場所まで歩いて占拠に必要な「アイテム」や武器を収集したり、移動中などに取得できる「パワー」を集めたりする必要があるのです。ゲーム好きな筆者は思わずこのアプリに没頭し、平日は仕事の合間(昼食後や帰り道)に1~2時間程度、休日だと4時間以上もIngressを遊ぶためだけに歩いてしまったそうです。

※「Ingress」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

みるみる体重が減る!? 話題のスマホゲーム「Ingress」を試す


メガネ型のウェアラブル端末「JINS MEME MT」を装着した筆者。別売でクリアレンズや、度付きレンズにも変更できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 もう一つは、新しいギア好きの大きな注目を集めたメガネ型のウェアラブル端末「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を紹介しましょう。JINS MEMEの製品は、日常生活向けの機能を搭載した黒縁フレームの「JINS MEME ES」と、ランニングなどの運動時に向いたスポーツ用のサングラス「JINS MEME MT」の2種類があります。どちらのモデルも、耳に当てる部分(テンプル部)に「6軸センサー」(3軸の加速度センサーと、3軸のジャイロセンサー)を搭載。このセンサーを使って、正しい姿勢を保てているか、歩いたり走ったりするときの左右バランスはどうかなどを計測してくれるのです。

※「JINS MEME」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

メガネ型端末「JINS MEME」で姿勢の歪みを発見
メガネ型端末「JINS MEME」でウォーキングのフォームを矯正


RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.