日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 運動意欲の向上にオススメの健康ツール、あなたにピッタリの製品は?  > 2ページ目
印刷

Gooday 通信

運動意欲の向上にオススメの健康ツール、あなたにピッタリの製品は?

「ストイック派」「エンジョイ派」「マイペース派」のタイプ別に紹介

ストイック派のあなたにはランニング記録や筋トレのアプリ

ランニング・ウォーキングの記録アプリ「Runtastic」では、運動した距離や時間、平均ペースなどの詳細なデータが表示され、歩いた経路が地図上に速度が分かる色で示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、体を鍛えたいストイック派のあなたに勧めたいのは、ランニングやウォーキングの練習内容を記録できる「Runtastic」(ランタスティック)というアプリ。スマートフォンが持つ位置情報(GPS)機能などを利用して、移動距離や経路、速度を計測するものです。「さぁ、これから歩くぞ!」と思いたったら、スマートフォンを取り出してアプリを起動させれば、運動の内容が自動的に記録されていくのです。

 歩いた日の天気や気温なども自動的に記録されるため、単なる記録でも楽しく見返せます。過去の自分と向き合いながら、もっと負荷を高めようとか、逆に故障しないために歩き方を見直そうといった使い方ができるのです。こうした記録する楽しみが、ウォーキングを続けようというモチベーションを保ってくれます

※「Runtastic」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

ウォーキングの記録を見える化 「Runtastic」を試す


短時間でできる効果的な筋トレを教えてくれる「7分間エクササイズ」。通りがかりの公園など、その気になれば、いつでもどこでも運動不足を解消できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 ストイック派のあなただったら、きっと雨の日でも運動を欠かしたくないと考えることでしょう。そこでお勧めしたいのは、自宅での筋力トレーニングを指南してくれる2つのアプリです。1つは、計12種類のエクササイズを30秒間ずつ続ける「7分間エクササイズ」。7分間で筋トレの効果が出るように考えられたエクササイズの組み合わせになっており、画面の指示に従ってエクササイズを行います。筆者がこのアプリで実践したところ、体脂肪率の平均が13%強から1カ月後に11%を切るまでになりました。

※「7分間エクササイズ」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

1日7分間で運動不足解消! 「7分間エクササイズ」アプリを試す


腹筋トレーニングアプリ「Six Pack」のトレーニングプラン(レベル1)を終えた筆者の腹筋。まだ理想とする腹筋までは程遠い。
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは、腹筋を鍛えることに専念した「Six Pack」というアプリです。3種類の腹筋運動を組み合わせたトレーニングプランが用意されているので、飽きずに腹筋運動を継続できます。割れた腹筋を目指してトレーニングに励んだ筆者。数週間のトレーニングで完全なシックスパックの腹筋には及びませんでしたが、写真のような引き締まったお腹になりました。

※「Six Pack」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

腹筋を割る! 理想の身体を求めて「Six Pack」に取り組む


RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.